書店の空間活用


書店の空間活用


 対象:書店経営者
書店の空間活用 2009 03 18-3.JPG 書店の空間活用

書店業が不振業になっています。書店は基本的には、場所貸し業です。不振の理由は、本や雑誌が売れなくなったからです。場所貸し業であれば、売れないものを扱うよりも、売れる可能性のあるものを扱った方がいいと思います。場所貸し業ということを正しく認識していれば、次の手を取ることは出来ると思いますが、書を売る店、つまり書店という認識をしていると、なかなか次の手段が見えてこないでしょう。書店は柔軟な発想でこれからの市場を考えていかないと、生き残りは厳しくなります。

こんな空間活用事業もあります⇒ http://servelle.main.jp/2009/02/08/post-189.html

書店コンサルタント・能勢仁ホームページ

書店の棚も使い方次第で、顧客満足がもっと上がると思います。TSUTAYAや他業種に学ぶべき点も多いはずです。メーカーさんとのコラボレーションが今後の流れになるような気がします。

2009 04 30-1.JPG

2009 04 30-2.JPG

 

実践ビジネス塾 Webでファンをつくる秘訣


▼「書店の空間活用」のページの情報に関して
書店の空間活用のお問合せ <お問い合せについて>
※ どなたでも、お気軽にお問い合せ頂けます
※ パンフレットや資料がある場合は、ご提供します
※ 商品・サービス及び企業をコーディネートします
書店の空間活用について電話でもお問合せ下さい

書店の空間活用と同カテゴリの最新記事(305)ビジネスプラン)




書店の空間活用関連サイト

  • たべもののこと
  • ウェルカムドール 激!似顔


  • 書店の空間活用の関連ブログ

    Loading...

    - 今月のお問合せBEST3-
    1.フィギュアで集客
    2.100円コイン式インターネット
    3.携帯動画サービス COOTV




    ビジネス関連最新情報




    ページ名:書店の空間活用

    このページは主に書店経営者に対して、
    書店の空間活用の紹介をしています。お問い合せ歓迎。
    ▲サイトのトップへは「新規事業の商材 - 実践ビジネス塾」よりお進み下さい
    ページ情報

    • seo


    15