書店とCD店のこれから


これからの書店について


 対象:TSUTAYA
書店とCD店のこれから 2009 05 06-32.JPG 書店とCD店のこれから

これからの書店やCD販売店の経営はますます厳しくなっていきます。今こそ、新規事業を企画していくタイミングではないかと思います。TSUTAYAのような大手企業は、店舗やネットとの融合という戦略が取れますが、中小企業ではなかなか難しいところです。大手書店でさえも、資本の論理で吸収されてしまうケースが増えているようですから、もう今やなりふりを構っている場合ではないように思います。

今までは書店でよく売れた雑誌などが、コンビニ販売にシフトしたり、雑誌の広告収入が激減したり、書籍販売もアマゾンなどのネット通販にシフトしていく中で、書店は一体何を売ればいいのでしょうか?書店は本や雑誌やCDやDVDを販売していればいいのでしょうか?

書店はもっと進化していくべきだと思います。TSUTAYAも進化していますが、書店には書店の進化の仕方があると思いますし、TSUTAYAのような大手企業の真似をするだけでは、本当に未来はなくなると思います。オリジナリティを出して、進化した書店を企画して欲しいものです。

2009 05 06-15.JPG

2009 05 06-16.JPG

2009 05 06-17.JPG

2009 05 06-18.JPG

2009 05 06-19.JPG

リンガフォンは、書店を使った英会話キャンペーンを実施しています。書店や商業施設を使った英会話キャンペーンをご検討下さい。1坪程度の空間だけで十分です。詳しくはこちらからどうぞ。

 

実践ビジネス塾 Webでファンをつくる秘訣


▼「書店とCD店のこれから」のページの情報に関して
書店とCD店のこれからのお問合せ <お問い合せについて>
※ どなたでも、お気軽にお問い合せ頂けます
※ パンフレットや資料がある場合は、ご提供します
※ 商品・サービス及び企業をコーディネートします
書店とCD店のこれからについて電話でもお問合せ下さい

書店とCD店のこれからと同カテゴリの最新記事(305)ビジネスプラン)




書店とCD店のこれから関連サイト

  • たべもののこと
  • ウェルカムドール 激!似顔


  • 書店とCD店のこれからの関連ブログ

    Loading...

    - 今月のお問合せBEST3-
    1.フィギュアで集客
    2.100円コイン式インターネット
    3.携帯動画サービス COOTV




    ビジネス関連最新情報




    ページ名:書店とCD店のこれから

    このページは主にTSUTAYAに対して、
    書店とCD店のこれからの紹介をしています。お問い合せ歓迎。
    ▲サイトのトップへは「新規事業の商材 - 実践ビジネス塾」よりお進み下さい
    ページ情報

    • seo


    15