書店活性化プロジェクト


書店のネットワーク化


 対象:書店
書店活性化プロジェクト

書店活性化プロジェクト

書店はもっとネットワーク化すれば面白いくなると思います。書店の粗利は25%程度といわれています。在庫負担をして、物件(売場)も借りて、人件費もかけて、粗利が25%。これでは儲かりません。

私が考える書店のネットワーク化とは、メーカーの販売代理店に徹すればいいのではないかということです。店頭を使ってサンプル陳列だけの無在庫販売や、ホームページに誘導しての通販や、周辺顧客・企業向けの外商などが出来れば、まだまだ書店のパワーには可能性があります。

本や雑誌だけを並べていても、いつかは売上が減っていくでしょうし、現に今も厳しい書店経営が続いているはずです。一部の書店はまだ生き残れるでしょうが、いずれにしても粗利が25%程度では普通は経営的に継続は不可能です。

粗利が40%~50%程度の商品を扱って、貴重な空間を本だけで占有するのではなく、柔軟な発想でユニークな商品を展開し、メーカーとタイアップして、売場で商品アピールをしながら、無在庫で外商活動をすることで、商売として成り立っていくことと思います。もちろんそれなりの時間はかかりますが、競争の激しい本や雑誌だけに依存している体質は非常に危険なことです。

つまり書店はショールーム的な役割も果たすことで、地域密着で、書店の社会的な信用力を生かして、粗利を稼いでいくビジネスモデルに変化していくということです。

このページでは書店ネットワークを使ったニッチなビジネスを提案していきます。 

 

書店活性化プロジェクトのビジネス提案1(自動おしぼり機外商活動)・・・これは、書店の外商部門に動いて頂いて、メーカーの自動おしぼり機を取引先や周辺の施設に営業していただくというビジネスです。おしぼり機は受注発注で納品しますから、基本的には機械の在庫負担はありません。必要な場合は、機械の有償サンプルをご提供(販売扱い)することが出来ます。

 

 

実践ビジネス塾 Webでファンをつくる秘訣


▼「書店活性化プロジェクト」のページの情報に関して
書店活性化プロジェクトのお問合せ <お問い合せについて>
※ どなたでも、お気軽にお問い合せ頂けます
※ パンフレットや資料がある場合は、ご提供します
※ 商品・サービス及び企業をコーディネートします
書店活性化プロジェクトについて電話でもお問合せ下さい

書店活性化プロジェクトと同カテゴリの最新記事(305)ビジネスプラン)




書店活性化プロジェクト関連サイト

  • たべもののこと
  • ウェルカムドール 激!似顔


  • 書店活性化プロジェクトの関連ブログ

    Loading...

    - 今月のお問合せBEST3-
    1.フィギュアで集客
    2.100円コイン式インターネット
    3.携帯動画サービス COOTV




    ビジネス関連最新情報




    ページ名:書店活性化プロジェクト

    このページは主に書店に対して、
    書店活性化プロジェクトの紹介をしています。お問い合せ歓迎。
    ▲サイトのトップへは「新規事業の商材 - 実践ビジネス塾」よりお進み下さい
    ページ情報

    • seo


    15