HSBC香港のペニンシュラ支店


HSBC活用、海外書店めぐりなど


 対象:オフショア香港
HSBC香港のペニンシュラ支店 HSBC香港のペニンシュラ支店

前年度から持っているHSBC口座への追加入金も含めて、世界金融危機後の様子を見に香港へ行ってきました。HISの格安ツアーにて、平日の一人旅。とはいえツアー参加なので、手配はすべてお任せのらくらく旅行です。

 

●1月21日(3日目)

丸一日自由行動の日。前日に買ったパンをホテルの部屋の中で食べて、早速チムサチョイ方面に出かける。地下鉄の駅まで歩くうちに、長袖のTシャツだけなのに、うっすら汗ばんでくる。1月でも15度から20度くらいあるそうで、湿度もかなりありそうだ。地下鉄では、iphoneを持っている現地の人をよく見た。音楽を聴きながら、電話に出るときはハンドセット部分のマイクで話をするのが多いみたいだ。

昨日道を下見した通りに、すぐにHSBCペニンシュラ支店へ向かう。この支店はある程度マイナーなようで、並んでいる人も少なく、すぐに窓口へ案内された。残りの日本円を、そのまま円の普通預金へ。こちらでは紙幣を数えるのに、機械だけではなく人間の手で二重・三十にカウントする。しばらく数えるのを待って、入金の処理が終わり、明細を受け取る。

 

これで、今回の主な目的は一応、完了だ。思いの外早く終わり、この後の予定を考える。近くに歴史博物館があり、見に行こうかと歩いたが、修学旅行生のような、制服を着たたくさんの子供が行列をなしていたのでやめた。地下鉄でセントラルまで向かい、街を散策することにした。ifcモールまで歩き、香港の海が一望できる中庭まで行き、しばらく景色を眺める。2Fにあるスタバで読書をしながら、この文章を書いている。

この後、買い物のためチムサチョイまで地下鉄で移動。40HK$のワンデイパスを買っていたため、何度でも降りることができる。ちなみにパンダホテルからチムサチョイまでの片道が確か25HK$前後だったので、往復を考えればワンデイパスの方がお得だ。ペニンシュラホテルの地下で定番のチョコレートのお土産をいくつか。

 

その後、時間があるのでチムサチョイの目抜き通り、ネイザンロードを北に向かってずっと歩く。相変わらず人は多いので、世界不況の風は全く感じられない。以前に比べると、フィリピン系の人が少なくなった代わりに、インド系、パキスタン系の人が多くなった印象。携帯や電子小物系の闇市のような店では、白人・中国系の方が少ないくらい、中東~南アジア系の人たちが多かった。歩いていると建物の2階に書店があるのを見つけて、ふと入ってみた。こちらでは初めて書店に入ったが、いろいろと気づく部分があった。書店はだいたい建物の2階以上にあるようで、いままで気づかなかったのはそのためらしい。

その書店は小規模で品ぞろえも十分とは言えない感じだったが、中国語で書かれた本の他に、一部洋書があった。雑誌も洋書が多く、国内雑誌は少ししか置いていなかった。一般書で目立っていたのは、自己啓発に関する本、とりわけ心理学に関する本が多かったのが印象的だ。商売のための心理学から、男女関係についての心理学、上司と部下の心理学など、多様だった。自己啓発書については、意外にも日本のビジネス書を訳したものが目に付いた。コールドリーディングなどに関するの著書を持つ石井裕之氏の本や、大人としてのマナー・接偶などについての本などがあったので、立ち読みした。その他にも海外旅行に関するコーナーでは、中国本土やバンコクについで、日本が旅行先としてメインを占めていた。「日本」という括りだけでなく、「東京」とか「北海道」「仙台」などという本もあった。「愛ラブ箱根」などという本もあった。他には、中国らしく、漢方や食などの健康に関するコーナー、仏閣や気功など精神に関するコーナーが目立った。

TS3E2286.JPG小さな書店ながら、1時間30分くらいは店内を見て回ったと思う。改めて気づいたことだが、海外に出向いた場合は、書店を巡るのはとても良いことだと思った。街を歩いたり、観光名所を見るのは確かに楽しいし刺激になるが、その場その場のミクロ的な見方しかできない。しかし書店をざっと見てみると、そこで何が流行っていて、何に関心があるのか、どんな文化をもつ国民性なのかなどが、全体像としてマクロ的に見ることができるのだ。

 

その後はぶらり途中下車の旅よろしく、モンコックやヤオマオテイなどによりながら、ゆっくりとホテルまで戻った。帰りに例のパン屋に寄り、夕食と朝食を調達。香港にいるにも関わらず、昨日の昼食での中華以外はすべてパン食だ。

 

実践ビジネス塾 Webでファンをつくる秘訣


▼「HSBC香港のペニンシュラ支店」のページの情報に関して
HSBC香港のペニンシュラ支店のお問合せ <お問い合せについて>
※ どなたでも、お気軽にお問い合せ頂けます
※ パンフレットや資料がある場合は、ご提供します
※ 商品・サービス及び企業をコーディネートします
HSBC香港のペニンシュラ支店について電話でもお問合せ下さい

HSBC香港のペニンシュラ支店と同カテゴリの最新記事(330)メールニュース)




HSBC香港のペニンシュラ支店関連サイト

  • たべもののこと
  • ウェルカムドール 激!似顔
  • オフショアファンド実践会


  • HSBC香港のペニンシュラ支店の関連ブログ

    Loading...

    - 今月のお問合せBEST3-
    1.フィギュアで集客
    2.100円コイン式インターネット
    3.携帯動画サービス COOTV




    ビジネス関連最新情報




    ページ名:HSBC香港のペニンシュラ支店

    このページは主にオフショア香港に対して、
    HSBC香港のペニンシュラ支店の紹介をしています。お問い合せ歓迎。
    ▲サイトのトップへは「新規事業の商材 - 実践ビジネス塾」よりお進み下さい
    ページ情報

    • seo


    15