MT車とAT車、教習所でどちらを選ぶか


AT車とMT車の違い・・・MT車を選ぶ理由とは?


 対象:運転免許
MT車とAT車、教習所でどちらを選ぶか sennryu5.jpg MT車とAT車、教習所でどちらを選ぶか

なぜMT車は、面白いのか。
今さらな話題ですが、あえて議論してみました。
MT車派の方達を対象に募集した「MT車・川柳」とともにお楽しみ下さい。

 

日本では販売台数で見る限り、いまやAT車が圧倒的主流です。AT車を基本として、なぜわざわざMT車を選ぶのかを考えてみました。

AT車とMT車は、見た目上の違いはシフトとクラッチだけです。車内を覗いてシフトレバーを見たり、ペダルを見たりしないと違いは分かりません。しかし、実際に運転する感覚はだいぶ違います。

基本的には、シフトアップやシフトダウンを自分で行うという違いだけなのですが、MT車では次のような「ミス」をする可能性があります。

 

  •  まず発進の際、クラッチ操作がスムーズでないと急発進したり、前後にギクシャクする動きをみせることがあります。
  •  またギアチェンジの際もクラッチ操作がスムーズでないと、「ガクンッ」というショックが発生します。
  •  シフトアップやシフトダウンでは、場合によりアクセル操作が必要になりますが、この操作が正確でないと、やはり「ガクンッ」というシフトショックになります。
  •  ギア操作を間違えて、たとえば2速から3速にシフトアップするはずが、間違えて5速に入れてしまったりするシフトミスも起こりえます。
  •  バックするときに、完全に停止する前にギアを入れると「ガリガリッ」とギア鳴りを起こしてしまいます。
  •  信号などで停止する際も、停止する少し前にクラッチペダルを踏むか、ギアをニュートラルにしないとエンストします。

 

以上のようにMT車は、AT車に比べてミスをするリスクが大きいのです。

ちなみにAT車ならこれらのミスはあり得ません。つまりMT車はAT車と違って、誰でも同じように簡単に扱える訳ではありません。AT車よりも覚えることが多いのは明らかです。

かといって、AT車よりも速いとか燃費がいいとか、圧倒的なメリットがある訳でもありません。旧来のATだけでなく、MTをベースにした最新の2ペダル車も続々と登場しています。

 

確かに、MT車はムダと言ってしまえばそれまでです。AT車には無くて、MT車にだけある唯一のものと言えば、この「ムダ」とも言えるものかも知れません。

sennryu1.jpg両手両足を使って、愛車の心臓の鼓動を聞きながら運転する。MT車には、技もたくさん存在します。

ダブルクラッチや、ヒールアンドトゥ、2速発進、エンジン回転の保持など、攻略するには時間と練習を要しますが、攻略の楽しみがあります。

そう、難しくてムダなものだからこそ、チャレンジし甲斐があるのかも知れません。上手くいったときは車もスムーズに、キビキビと動きます。当然、気分は格別。エンジン音にもリズムが出てきます。

シフトアップ、シフトダウンを繰り返して走ると、まるで自分がタクトを握って車がエンジンの音階を奏でているような気分になります。こうした楽しみは、AT車には無いものです。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む>

 

実践ビジネス塾 Webでファンをつくる秘訣


▼「MT車とAT車、教習所でどちらを選ぶか」のページの情報に関して
MT車とAT車、教習所でどちらを選ぶかのお問合せ <お問い合せについて>
※ どなたでも、お気軽にお問い合せ頂けます
※ パンフレットや資料がある場合は、ご提供します
※ 商品・サービス及び企業をコーディネートします
MT車とAT車、教習所でどちらを選ぶかについて電話でもお問合せ下さい

MT車とAT車、教習所でどちらを選ぶかと同カテゴリの最新記事(ユニークビジネス)




MT車とAT車、教習所でどちらを選ぶか関連サイト

  • Manual Transmission Driving Technique
  • たべもののこと
  • オフショアファンド実践会
  • リバウンドなしダイエット.com
  • 業務用醗酵ウコンNET
  • 結婚式ウェルカムボード人形


  • MT車とAT車、教習所でどちらを選ぶかの関連ブログ

    Loading...

    - 今月のお問合せBEST3-
    1.フィギュアで集客
    2.100円コイン式インターネット
    3.携帯動画サービス COOTV




    ビジネス関連最新情報




    ページ名:MT車とAT車、教習所でどちらを選ぶか

    このページは主に運転免許に対して、
    MT車とAT車、教習所でどちらを選ぶかの紹介をしています。お問い合せ歓迎。
    ▲サイトのトップへは「新規事業の商材 - 実践ビジネス塾」よりお進み下さい
    ページ情報

    • seo


    15