ヨーロッパでは依然MT車(マニュアル車)の比率が高い


これから教習所に通う方は、ぜひMT車で挑戦を。


 対象:教習生
ヨーロッパでは依然MT車(マニュアル車)の比率が高い ヨーロッパでは依然MT車(マニュアル車)の比率が高い

教習所でMT車を選択する理由について、このサイトでいくつか記載してまいりました。

今回は、書籍などで語られている、MT車の現状やMT車に対する思いを取りあげてみたいと思います。週刊誌などでも「MT車 VS AT車」のような特集がたびたび組まれますが、本サイトでも今後ご紹介していきます。

 

「間違いだらけのエコカー選び」徳大寺有恒/山海堂

 

(引用開始)

(中略)私が思うに、自動車には、個人の移動手段という機能以外に、2つの重要な文化的側面がある。ひとつはもちろん、運転という行為そのものが持つ創造性であり、もうひとつは、住まいや衣料などとともに、人々にとって、ライフスタイルの表現手段になっているという一面だ。

 だから「いいクルマ」と呼ばれるためには、燃費、安全性、居住性といった機能面だけでなく、そうした文化的側面においても、豊かな資質を備えていなければならない。そして、優れたクルマは、運転という行為を通じて、乗り手を良識ある大人に育て上げ、より行動的にも、創造的にも変えていく。それが自動車というものの奥行きであり、また、尽きない魅力でもあると思うのである。

それに対し、日本のクルマはこれまでどうだったろう?機能ばかりに目が行って、文化的側面まで関心が及んでいなかったのではないか。(138頁)

(引用終了)

 

車というのは確かにその人の趣味とか個性が出るように思います。クロスカントリーの四輪駆動車が異常に似合う人もいれば、良きパパと言ったミニバンが似合う人もいます。でも、日本人は総じて「やや地味でおとなしい」車が好きで、それらを好む傾向があるような気がします。例えば、アメリカではもっとエッジが立っているというか、個性の強い車が多いように思いますし、ヨーロッパでは堅実な車が多そうな気がします。実際のところはどうなのでしょうか。同じ本からの引用です。

 

(引用開始)

土地の広いアメリカでは、クルマはいわば、隣の家を訪ねるにも履いていく「靴」のようなものだ。外出するときには、どこへ行くにしろ、クルマに乗っていかないと行けない。しかしその一方で、ひとたび旅行に出かけたりするときには、多くの人が飛行機を使ったりする。それに対しヨーロッパでは、クルマは「靴」ではなく、場合によっては国境を越えた長旅にも使う「パーソナルな移動手段」という役どころを保っている。鉄道やバスなどの公共交通機関、さらに航空機などの長距離高速輸送機関との共棲、役割分担も進んでいる。

そんなヨーロッパは、今日「クルマがもっともクルマらしく使われている地域」といっていいだろう。人々は、「好きな時に好きな場所へ行ける」というクルマの利便性と、運転することの楽しさを、ともに享受していて、それが、クルマに対するバランスのとれた価値観にもつながっている。

例えばヨーロッパでは、大型車、高級車に至るまで依然マニュアル車の比率が高い。日本などと比べて、信号や渋滞が少ないという事情ももちろんあると思うが、それ以前に、燃費が悪くて運転が退屈なオートマチック車に対する抵抗感を、多くのドライバーが持っているのである。

というように、アメリカとヨーロッパでは、クルマに関する事情、価値観がかなり異なっている。だからアメリカで成功したレクサスも、ヨーロッパでは苦戦をしているし、アキュラ、インフィニティはヨーロッパで店の展開さえもしていない。(144頁)

(引用終了)

 

アメリカや日本では、道路状況の問題でAT車が好まれやすい土壌があるということですね。アメリカは広すぎるので、移動がラクなAT車。日本は信号待ちや渋滞が多いので操作がラクなAT車。ところがヨーロッパでは移動手段としての実用目的と、趣味的な目的が合わさっているため、まだまだMT車の比率が高いようです。

続いて、「ドリキン」ドリフトキングとして有名な土屋圭一氏の著書です。

 

土屋圭一・MT車テクニック/三推社・講談社

 

(引用開始)

いまさら説明するまでもないが、MTとはマニュアルトランスミッションの略で、これに対して用いられるのがAT=オートマッチクトランスミッションだ。以前にもさんざん述べてきたことだが、オレは「クルマを楽しむならMTしかない!」と声を大にしていいたい。

最近は非常によくできたATが増えてきているが、それでも自分でクルマを操る楽しみということを考えるとやっぱりMTしかないと思う。そう、クルマはMTで、そして自分で操るからこそ楽しいのであって、それをコンピューターや機械まかせにして走ってもぜんぜん楽しくないはずだ。この本を読んでくれるキミたちならきっとわかってくれるだろう。

たとえば、新しいクルマを買ったとしよう。もしクルマの大好きなキミだったら、ならし運転も非常に楽しいにちがいない。このとき、もしATだったとしたらクルマを操るという楽しみも半減してしまうし、きっとなにも考えないでダラダラと決められた距離を走ればいいという思いにとらわれて、ただ単に走るだけになってしまうにちがいない。それがもしMTであれば、自分で操っているという実感に満ち、さらにはそのクルマのエンジン特性やギア比などを自分の体で覚えることができ、後にそのクルマを速く走らせるときにきっと役立つに違いない。

MTの魅力ーそれはこれからも幾度となく紹介していくつもりだが、自分自身が自在に、そしてクルマと一体になって走ることができることにほかならない。いつもクルマを自分のコントロール下におくことは非常に楽しいことだし、MTだからこそできることなのである。(14頁)

(引用終了)

 

かなり古い(1993年発行)土屋圭一氏の著書からの引用でした。本書はMT車だけに特化したテクニック本ですが、教習中の方に参考になる箇所は残念ながら少なく、昔のクルマ好き向けに書かれたものと言えます。少々感情的にMTを推進している感もありますが、MT車の魅力は「感覚的なもの」だということが良く現れていると思います。

確かに、免許を取ってから最初に購入するクルマをMT車にして、ドライバーの仕事が多いMTに慣れ親しんだ方が運転操作がより身に付くと思われます。

確かに渋滞や信号待ちが多い日本の道路事情があったり、販売されているクルマの多くがAT車だったりという状況にありますが、これから運転を覚える方には是非MT車を勧めたいと思います。

mt_coverpage1.jpg
▼MT車専用サイト
教習所では教えない[MT車を 3日 で完全攻略する裏技]

 

実践ビジネス塾 Webでファンをつくる秘訣


▼「ヨーロッパでは依然MT車(マニュアル車)の比率が高い」のページの情報に関して
ヨーロッパでは依然MT車(マニュアル車)の比率が高いのお問合せ <お問い合せについて>
※ どなたでも、お気軽にお問い合せ頂けます
※ パンフレットや資料がある場合は、ご提供します
※ 商品・サービス及び企業をコーディネートします
ヨーロッパでは依然MT車(マニュアル車)の比率が高いについて電話でもお問合せ下さい

ヨーロッパでは依然MT車(マニュアル車)の比率が高いと同カテゴリの最新記事(330)メールニュース)




ヨーロッパでは依然MT車(マニュアル車)の比率が高い関連サイト

  • Manual Transmission Driving Technique
  • たべもののこと
  • オフショアファンド実践会
  • リバウンドなしダイエット.com
  • 業務用醗酵ウコンNET
  • 結婚式ウェルカムボード人形


  • ヨーロッパでは依然MT車(マニュアル車)の比率が高いの関連ブログ

    Loading...

    - 今月のお問合せBEST3-
    1.フィギュアで集客
    2.100円コイン式インターネット
    3.携帯動画サービス COOTV




    ビジネス関連最新情報




    ページ名:ヨーロッパでは依然MT車(マニュアル車)の比率が高い

    このページは主に教習生に対して、
    ヨーロッパでは依然MT車(マニュアル車)の比率が高いの紹介をしています。お問い合せ歓迎。
    ▲サイトのトップへは「新規事業の商材 - 実践ビジネス塾」よりお進み下さい
    ページ情報

    • seo


    15