▼ カテゴリの全ての記事を見る
▼次のページ
1 2

日本ユニセフに寄付

2009年4月 1日

2009 04 01-1.jpg

年間を通じてセミナーなどを企画する際は、500円とか1000円程度の参加費を頂きますが、その際の金額は日本ユニセフに寄付しています。小額ではありますが、地道な活動もしながら、寄付する仕組みを企画していきたいと考えています。

除菌おしぼり機を、介護施設に無償レンタルする企画や、ネット通販で得た収益の一部を寄付する仕組みなど、周りの仕事仲間にも協力して頂いて、寄付する仕組み作りをしながら、弱者サポートにつなげていきたいと思います。

人間はいつかは弱者になります。明日は我が身と思い、周辺の弱者をサポート出来る仕組み作りを実現出来れば、ひとりが100人をサポートすることが出来ると思いますし、1万人が100万人を、サポートすることも可能なのではないでしょうか?早く社会貢献事業一筋で行けるよう頑張っていきます。

2009 03 31-1.jpg


 | 社会貢献事業

災害時の水不足対策

2009年3月 9日

saigai.gif

自動おしぼり機を、自治体向けに販売することを検討しています。
水害や震災などの災害時には、避難所での水不足が懸念されます。

特に心配されるのは、手拭き・体拭きなどに必要な水です。また、集団生活となる避難所では十分に殺菌しておくことが、衛生面において必要になります。水やアルコールなどが不足してしまうと、十分に衛生的な環境が保てない恐れがあります。

自動おしぼり機は、タンクに入れた水によって適度に湿らせたおしぼりを自動で供給することができます。これによって、少ない水で効率的に多くの方に手洗いの機会を提供できます。またUVによる殺菌効果で衛生面でも貢献します。

TS3E0734.JPG TS3E0839.JPG

自動おしぼり機械 介護施設向けホームページ


 | 社会貢献事業

レゴロボット

2009年2月 5日

パソコンとロボットの教室を主宰している、森田さんと会いました。

森田さんは、レゴを使って、ロボットを製作しています。

多くの子供たちに、ロボット作りを教えて行きたいと想いで、今回、

日本リユース協会を運営している私に相談がありました。

ロボット作りを通じて、社会貢献が出来ればと思います。

ホームページはこちらです。 http://www.mdstorm.com:80/


 | 社会貢献事業

ユニセフに寄付

2009年1月25日

20090125-1.JPG

先日、ビジネスセミナーを企画したので、その参加費を日本ユニセフに寄付しました。

日本ユニセフとは7年前に、NPO法人日本リユース協会を設立する際に色々と相談をさせて頂いた

ことがあります。パンフレットを制作する際も、写真協力などして頂きました。

それから定期的に私的な寄付はしていますが、今年からは、NPO法人日本リユース協会で

ビジネスセミナーなどを企画する際は、参加費を寄付するスタイルにしたいと思います。

その為には、セミナー会場などを提供して頂ける企業や個人との協力関係が必要です。

多くの方々との協力関係を築いていきたいと思います。


 | 社会貢献事業

国際児童基金主催のチャリティコンサート

2009年1月11日

SANY0003.JPG

知人に誘われて、ある日の午後、銀座4丁目の日産ギャラリー上(8階)にある、国際児童基金(松田康宏理事長)主催の、チャリティーコンサートに行ってきました。多くの方が来ていて、親子で来ている方々もいました。歌手の方々の歌や、ベリーダンサーの方の踊りなどが行われて、関連本やCDなどがチャリティーで買われていました。僕も本とCDを買ってきました。明日は、何故かボブサップが来るということでしたが、この空間は、芸能関係の方々に参加してもらうチャリティーを企画すると、いろんな寄付が実現することでしょう。。僕も自分が経営するNPO法人日本リユース協会で提案してみたいと思いました。

参考ホームページ http://www.finesse-co.com/koubo/kodomo5rd/index.html

http://www.habitatjp.org/jpblog/2009/05/_523_1.html

 


 | 社会貢献事業

NPO法人 日本リユース協会概要

2009年1月 7日

NPOマーク.JPG

NPO法人日本リユース協会は、2002年4月に誕生しました。

元々は、リユースビジネスを立ち上げたのがきっかけで、DVDやCDや中古本などを、メーカーから仕入れて、販売するという事業からスタートしました。しかし、競争が激化し、なかなか粗利が取れなくなり、中古商材を仕入れて販売するという事業はほとんど行っていません。

NPO法人ですから、非営利事業を行わないとなりませんが、稼げる営利事業を実施することで、非営利事業の仕組みを機能させるということが大事なことです。

NPO事業を考えた時に、寄付する仕組みを作りたいと考えています。特別、意識して寄付するということではなく、仕組みの中で寄付することが出来れば、日本の社会ももっと明るくなるのではないかと考えています。

しっかりとビジネスで稼いで、そして寄付などの社会貢献が出来れば、NPOを作った意味がありますし、社会企業家仲間を多く作りたいとも思います。

今年は、COOTVという携帯動画のサービスを営業サポートしていきます。その中で、売上の一部を寄付する流れにしたいと思います。COOTVのスタッフや外部スタッフの方とは、いつもそんな話ばかりしています。最新のITビジネスで、寄付という仕事が出来れば、COOTVという携帯動画サービスを使えば使うほど、自然に寄付することが出来るということです。

内閣府NPOホームページ  http://www.npo-homepage.go.jp/

日本リユース協会バナー.gif   

 


 | 社会貢献事業

銀座4丁目での社会貢献事業プラン

2008年12月21日

DSC00102[1].jpg

先日、銀座4丁目の日産ギャラリーのビル8階にお伺いする機会がありました。ここには、国際児童基金という団体があり、多くの社会貢献事業を推進しています。8階には50人くらいが収容出来るギャラリーのような空間があり、この空間を有効活用して社会貢献が出来ないかという意見交換をしました。そこにいらした数名の方々からは、様々な前向きな意見が出て、社会貢献事業の広がりが期待出来るような気がしました。私が代表理事をする、NPO法人日本リユース協会としても何か企画提案をして、社会貢献事業を推進したいと考えています。 ひとつのアイデアとしては、定期的にビジネスセミナーを開催し、その収益をコンテンツ提供者や主催者と配分して、その収益の25%を寄付するというプランです。実現するか否かは、ビジネスプラン次第ですので、1月から国際児童基金に提案していきたいと考えています。


 | 社会貢献事業

NPO法人 日本リユース協会の立ち上げ

2008年12月14日

2002年 4月に、NPO法人 日本リユース協会を立ち上げました。
その時に、作ったホームページの一部です。
http://reuse-japan.hp.infoseek.co.jp/

私が一番大事だと考えているのは、皆が生活するこの地球と、
地球の未来を作っていく子供たち。
私にも、二人の子供がいますが、
先の見えない未来の為に、
この法人を活用したいと考えています。


 | 社会貢献事業

▼次のページ
1 2