結婚を控えた新婦さんのウェディングダイエット。短期ダイエットはやめ、痩せる体質になろう。

炭水化物ダイエット

炭水化物ダイエットとは

炭水化物ダイエットとは、ご飯やパン、麺類などのカロリーが高いとされる炭水化物を抜く、もしくは減らす事によって、全体の摂取カロリーを押さえることで痩せようというダイエット方法です。

炭水化物
炭水化物(たんすいかぶつ、carbohydrates)とは、単糖を構成成分とする有機化合物の総称であり、その多くは分子式が CmH2nOn で表される。Cm(H2O)n と表すと炭素に水が結合した物質のように見えるため炭水化物と呼ばれる(かつては含水炭素とも呼ばれた)。また、糖質とも呼ばれる。
定義としては、炭水化物は糖およびその誘導体の総称であり、分子式 CmH2nOn で表されない炭水化物もある。そのような例としてデオキシリボース C5H10O4 が挙げられる。また、分子式が CmH2nOn ではあっても、ホルムアルデヒド (CH2O, m n 1) は炭水化物とは呼ばれない。今日では総称として糖質ないしは糖とよばれる場面の方が多くなっている。
(Wikipedia:炭水化物)

炭水化物は、人間の体に欠かせないエネルギー源です。安易に通常よりも大幅に炭水化物を減らした食事に移行するのは危険です。ひとつには、体の自律神経が正常に働かなくなる危険性があること。もうひとつは、空腹や食べたいものが食べられないことによる心理的な欲求不満に陥る危険があることです。これらは、いずれもリバウンドにつながりかねません。

 

一方、「リバウンドしないダイエット」では、ひとつの食品にこだわりません。なぜなら、一生ひとつの食品、例えば「寒天」などを食べ続けるのは難しいからです。(もちろん寒天が一番好きな人を否定する訳ではありません)

そもそも「リバウンド」というのは、ダイエット期間が終わってからきれいに(?)元の体型に戻ってしまうという、最も病むべき現象なのです。

「リバウンドしないダイエット」では、ダイエット期間という概念がありません。敢えて言うならば、一生ダイエット期間ということです。

そんなの絶対ムリ、と思ったあなた。
その反応は、私達は何度も耳にしています。巷のダイエット情報に浸食されている証拠です。でも、実際に実行してみると反応が変わります。

「えっ、こんなことでダイエットって呼べるの?」

最初はこのような反応がほとんどです。しかし、2ヶ月・3ヶ月と経つうちに本人から「ダイエット」という言葉すら、会話に出なくなります。そして、明らかにスリムな体型になっていくのです。