スピリチュアルカウンセリング・・・ビジネスとは全く違う世界からアドバイス。自分ではどうやってもコントロールできないことに振り回されていませんか?


昏睡状態・意識障害の人へのアプローチ

二子さんはとっても多才です。

二子さんの特技のレパートリーの一つに「コーマワーク」というのがあります。
日本語にすると昏睡状態の人へのアプローチとでも言うのでしょうか。
意識障害で寝たきりになっている方とのコミュニケーションを目的とした手法です。

本日は二子さんが昏睡状態の方へアプローチしている現場へ立ち会わせて頂きました。

私は途中で感動して泣きそうでした。。。

本当に尊いことを二子さんはされているな〜と実感しました。
二子さんの人間としての安定感は並大抵ならぬものがあり、
並大抵ならぬ人間への興味・関心があります。
だからカウンセラーができるのですね。
「人間が好き」ってよく言っているのを聞きます。
そこまで人が信頼できたらいいな〜とうらやましく思うこともあります。

今日の病院での関わりを少しご紹介します。
初めてお会いした昏睡状態の方に呼吸を合わせて話しかけてあげます。
時には手や肩に触れることもあります。
そして、昏睡状態の方の体が動いたところを本人にお伝えしていくというものです。

そこにはこちらから関わろうとする態度に
必死で答えようとするベッドの中の人という
とても濃密で真剣な時間と空間があります。
ものすごい真剣勝負な内容です。
お互いものすごい集中をしています。
それを感じるだけで心がいっぱいになります。

この手法はプロセス指向心理学という心理学のものですが
とても素晴らしいものだと思います。
私がプロセスワークのセミナーに初めて出たときの内容が
この「コーマワーク」でした。
セミナーでは昏睡状態の人への関わり方を練習したのですが、
関わる役と昏睡状態の役をやり、これがものすごく感動した内容でした。
うちに帰って兄に寝てもらって練習したこともあります(笑)
セミナーでは初対面の人を扱っていたので敬語で話しかけていたこともあり、
兄に敬語で話しかけたら「敬語はないな」と言われました。
身内で敬語だとなんだか変なんですって。
勉強になりました。

このコーマワークは身につけたら昏睡状態の人だけじゃなく
怒っている人や泣いている人やいろんな普段の生活にも役立ちます!

ご興味がある方、ご家族の方が昏睡状態にある方などいらっしゃいましたら
二子さんまでお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ→futakayo*gmail.com(*を@に変えてお送りくださいませ)まで

二子さんはご自身のサイトでコーマワークの解説も書いています。
http://www.geocities.jp/processworkwf/pop/pop40.html

素晴らしい関わりを見せて頂いて今日は本当に感動しました。
機会を見つけて二子さんからコーマワークを教えてもらいたいと思います!

華代


ゲストの情報共有スペース

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 昏睡状態・意識障害の人へのアプローチ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://servelle.main.jp/mt42/mt-tb.cgi/165

コメントする

昏睡状態・意識障害の人へのアプローチの関連ページ




ページ名:昏睡状態・意識障害の人へのアプローチ
リーディングセッショントップへ

リーディングとは リーディングとは、コールドリーディングなどとは異なり、過去世や未来世などをセッションによって視るものです。

次回ご訪問時は、ブックマークへの追加が便利です
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマーク+

<LINK>
華代のリーディングセッション
積立式家計簿のつけ方
吉濱勉メッセージ集

<PR>