オフショア金融情報から不動産、永住権情報まで、NZ情報をご紹介

基礎知識

●面積:268,680km²(日本の約70%)
●人口:427万人(東京都の3分の1)
●人口密度:16人/km²(日本339人)
●羊の数:5,000万頭
●公用語: 英語、マオリ語
●首都: ウェリントン
●最大の都市: オークランド(人口125万人)
●GDP:約9兆円

1)非常に治安が良い
日本では連日凶悪事件発生、モラル低下。世界ではテロ、国際紛争など。

2)人間性が良い
人種差別がない、フレンドリーで優しく穏やか、親切で日本人好き。

3)自然環境が素晴らしい
世界の都市は環境汚染深刻、日本には中国から黄砂に交じり汚染物質が。

4)住宅が素晴らしい
安くて豪華!家そのものと、周りの環境(ロケーション)にもこだわる。

nz8.jpg暮らしが豊かなだけでなく、ニュージーランドの街中では、怒った人をあまり見掛けません。また、日本で見られるようなホームレスもいません。日本よりはるかにGDPの低い国で、なぜこのように恵まれた住環境があるのでしょうか。

その理由を探る上での要素をいくつか挙げてみましょう。

  1. 失業中は、失業している間ずっと失業保険が支給される。
  2. 公立の病院では無料で診察が受けられる。
  3. 教育費がほぼ無料

つまり、社会のセーフティネットがしっかりしているのです。

nz2.jpgニュージーランドの平均的ビジネスマンは4時頃にはもう会社にいません。仕事を終えています。

そして近くの海に行き、ヨットをしたり、個人所有の船で遊びに出掛けます。そして、次の日にはいつもどおりに会社に行き、仕事をします。

そして住宅はこの写真のように、実に広くてきれい。日本の住宅とは違って、間取りにゆとりがあります。家そのものはもちろん、周りのロケーションにもこだわります。

断っておきますが、ニュージーランドの平均的ビジネスマンの年収は、日本の二分の一程度です。なのになぜこのような暮らしができるのでしょうか?