▼ カテゴリの全ての記事を見る
▼次のページ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

オンラインゲームカフェ

2009年5月18日

2009 05 18-18.JPG

インターネットカフェ業界は今はやや盛り上がりに欠けますが、いずれまた復活すると思います。一時的に無理な出店が多く、業界的に落ち着いてしまった感がありますが、新聞広告を出し続けて、事業説明会を継続している会社もあります。ここは漫画喫茶一筋で営業されていますが、このような一途な気持ちもビジネスでは大事だと思います。

ウイズワン社もインターネットカフェ事業で実績はありますが、最近は、ゴルフバー事業に軸足を置いているようです。カラオケ店とゴルフバーの複合事業を企画提案中です。これも継続の中で一気にブレイクする瞬間が来ることでしょう。

オンラインゲームカフェも今は馴染みのないネーミングですが、書店などの遊休空間活用で今後出てくると考えています。ウイズワン社やエフエージェイ社が企画していくことでしょう。

2009 05 18-17.JPG


 | 新規事業一覧空間活用ビジネス

新規事業

2009年5月18日

2009 05 18-15.JPG

当社では新規事業を提案しています。まずは、ゴルフバー事業。ウイズワン社が企画し、カラオケ店などに企画提案中です。既に大阪でテスト店を開業し、カラオケ店とゴルフバーとの複合店をカラオケ店ルートや飲食店ルートに営業している最中です。カラオケ店とゴルフバーの相性は抜群です。

また、ゴルフバー事業は、高級ホテル内にも是非導入をご検討頂きたいと思います。他との差別化になります。超ゴージャスなゴルフバーで、高級ホテル自体のサービスとのシナジーが期待出来ます。東京の高級ホテルに、ゴルフバーを!

都内の高級ホテルや旅行関係会社には、自動おしぼり機を御提案します。 これまでは、メインのターゲットは介護施設等においていましたが、最近では、旅行会社からの問い合わせが来ています。海外からの旅行者が多い施設や店舗には、自動おしぼり機から、あっという間に作られる快適なおしぼりで、日本の良さを、きめ細かさをアピールして頂きたいものです。高級ホテルのロビーには、もうそろそろ標準化されていてもいいのではないでしょうか?

ゴルフ場のゴルフカートには、最新技術を使った再生バッテリーを是非一度お試し下さい。大幅なコストダウンが出来ます。最新型の再生バッテリーについては、こちらからお問い合わせ下さい。

実践ビジネス塾では、ビジネスタレントが考える多くの新規事業をご案内していきます!

NPO法人日本リユース協会は、営業支援を通じて、寄付活動をサポートしていきます!


 | 新規事業一覧空間活用ビジネス

温浴施設でガラ・ルファ

2009年5月18日

2009 05 18-7.JPG

関東の温浴施設でも、ガラ・ルファを体感出来る場所は少ないです。常設で展開している空間もあまりないはずです。当社では、ガラ・ルファの常設コーナーを企画提案しています。温浴施設以外でも、サービスエリアやパーキングエリア、道の駅などでもいいと思います。

1坪程度の空間があれば、ガラ・ルファコーナーは展開出来ます。ガラ・ルファのプロでなくても大丈夫です。専門の会社(マスタージャパン)がご指導をさせて頂きます。

これからは、介護施設にも導入促進していきます。ガラ・ルファとお年寄りの触れ合いが大事なのです。すでに導入実績もありますが、お年寄りが子供のようにはしゃいでいます。

ガラ・ルファの共同経営につきましては、お気軽にご連絡下さい。参考ホームページはこちらです。宜しくお願い致します。

2009 05 18-6.JPG

2009 05 18-7.JPG

2009 05 18-8.JPG

2009 05 18-9.JPG

NPO法人日本リユース協会は、物販事業などを通じて、寄付活動を支援していきます!

 


 | 新規事業一覧空間活用ビジネス

東京おしゃれゴルフスポット

2009年5月 5日

2009 05 05-26.JPG

東京おしゃれゴルフスポットという記事が出ていました。ゴルフカフェやゴルフバーもどんどん進化しています。http://xbrand.yahoo.co.jp:80/magazine/gq/2699/

郊外などでは、カラオケ店との複合があります。この事業は、単独店よりも、カラオケ店や飲食店との複合店がいいと思います。シミュレーションゴルフを経営しているウイズワンでは、カラオケ店や飲食店との複合提案をしています。

2009 05 05-27.JPG

カラオケ店とゴルフバーの複合店事業は、ウイズワンにノウハウがあります。

2009 05 05-28.JPG

東京・神田駅前には、デモルームがあります。是非一度体感して下さい。

2009 05 05-29.JPG

ビジネスマンも、仕事仲間や取引先と、コミュニケーションをしながら、ゴルフバーで息抜きをしています。色んな使い方があります。お気軽にご相談下さい。


 | 新規事業一覧空間活用ビジネス

自動販売機設置で寄付

2009年5月 5日

サントリー自販機写真.jpg

自動販売機を設置して、売上から寄付するという仕組みがあります。自動販売機を設置することで、販売売上と同時に寄付につなげていくという発想です。

設置承諾書や設置契約書を交わした上で、販売スタートになりますので、興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。宜しくお願い致します。

2009 05 06-1.JPG


 | 新規事業一覧空間活用ビジネス

カラオケZERO

2009年4月28日

2009 04 28-8.JPG

ウイズワンが大阪郊外に出店した、カラオケZERO。元々はカラオケの単独店舗でしたが、カラオケルームをつぶして、ゴルフバーを2台導入しました。認知されるまでに少し時間がかかりましたが、今では人気ナンバーワンの部屋になっています。

カラオケ業界や、飲食業界が厳しいと言われていますが、ゴルフブームの今こそ、時流に乗ったアイテムを複合させることは何ら難しいことではありません。ビジネスはもっとシンプルに考えて、時流に乗ったアイテムを上手く複合させることで、お客様は再び、カラオケ店に戻ってきます。

ゴルフバー(ゴルフカフェ)は、大きなスクリーンを室内に設置するのですが、ゴルフをやらない時は、テレビでスポーツ観戦をしたり、パソコンにつないで面白いコンテンツを見ることで、自由に自分たちの時間を楽しむことが出来ます。つまり、ゴルフバー(ゴルフカフェ)とは、色んな切り口(コンテンツ)で仲間や知人や家族や恋人と、時間と空間を共有しながら、コミュニケーションをすることが出来るユニークな新規事業なのです。カラオケとの相性はばっちりです。

ウイズワンは、カラオケゼロの成功事例を、多くのカラオケ店様にアピールしながら、ゴルフバーの複合事業を企画&推進して行きます。   ⇒ZERO売上.pdf 

 カラオケ店とゴルフバーの複合事業に関するご相談、または、飲食店とゴルフバー、ゴルフカフェの複合事業に関するご相談は、実績とアイデアがある当方まで、お気軽にどうぞ!

 

2009 04 28-9.JPG

2009 04 28-8.JPG

2009 04 28-10.JPG

カラオケ店と飲食店とゴルフバーの複合プランニングはお任せ下さい。

最近の新聞記事にも、ゴルフカフェやゴルフバーの話題が増えてきていますね。

2009 04 29-1.JPG


 | 新規事業一覧空間活用ビジネス

カラオケとゴルフバー

2009年4月26日

2009 04 26-4.JPG

 ゴルフカフェやゴルフバーを企画するウイズワンが、大阪に開業したのが、カラオケとゴルフバーの複合店です。業界的にもはじめての試みかと思いますが、非常にいい相乗効果を生んでいます。

何事もやってみなければわかりません。どんな組み合わせがいいかなど、机上で考えても答えは出ません。ウイズワンは、昔からあるカラオケ事業に、今流行りのゴルフバーを組み合わせればどうなるかを考えて、早速実践してみただけのことです。そしてそのひとつの成功事例を、多くの方に伝えて、同じような成果を出していければいいと考えています。

カラオケとゴルフバーの複合は相性がいいことがわかりましたから、あとは、物件の特長を生かしたシナリオを書けばいいということです。ウイズワンは、カラオケ事業も、企画推進していますので、興味がある方は、お気軽にご相談下さい。

ゴルフバーやゴルフカフェやカラオケのご相談はウイズワンまでどうぞ!

 

karaoke 2009 04 26-1.jpg

karaoke 2009 04 26-2.jpg

karaoke 2009 04 26-3.jpg

karaoke 2009 04 26-4.jpg


 | 新規事業一覧空間活用ビジネス

PCカフェ

2009年4月25日

2009 04 25-24.JPG

PCカフェ事業とは、書店などにパソコンを設置して、コイン式で精算するビジネスのことです。写真は千葉の有名書店さんでの、PCカフェ。別にコーヒーを出す訳ではありません。カフェというのは空間ということですから、このように1坪空間でも、PCカフェになるのです。

都内の大型書店さんにも、このような空間を企画していきたいと考えています。機器は全て当方が用意しますので、書店さんはリスクはありません。1坪空間で、ビジネスマンなどがインターネットを使い、仕事をしたり、調べ物をしたりする空間です。

当社は、ビジネスパートナーと連携して、都内の書店に、PCカフェ事業を提案していきます。興味のある書店さんは、お気軽にご連絡下さい。宜しくお願い致します。

 

2009 04 25-24.JPG

2009 04 25-25.JPG

2009 04 25-26.JPG


 | 新規事業一覧空間活用ビジネス

シティゴルフ

2009年4月20日

2009 04 25-2.JPG

シティゴルフが流行っていきます。シティゴルフとは、ゴルフカフェとかゴルフバーと呼ばれている業態のことです。地方に行けば、今や格安でリアルなゴルフが出来る時代ですが、東京をはじめとして、都会ではなかなかリアルなゴルフの時間が取れません。

趣味でシティゴルフを楽しむというよりも、どちらかと言えばコミュニケーションを目的とした空間です。最近では、シティゴルフはゴルフコンパの場となっています。結婚活動の場としても、シティゴルフは活用出来ると言うことなのでしょう。

シティゴルフは、最近のゴルフブームに乗って、今後ますます増えていくのでしょうが、ゲームセンターのような感覚でこの事業を始めると失敗してしまいます。ゲームセンターではなく、日常的な練習場としての空間にしないとなりません。しかし、ただ黙々と練習していても面白くないので、知人や友人やグループで、一緒にちょっとお酒でも飲みながら、時間と空間を共有しながら人間関係を作る場所なのです。もちろん飲み過ぎは注意です。

リアルなゴルフはある程度は上手くないと、現場で恥ずかしい思いをしますが、シティゴルフはそんなことは絶対ありません。上手い人は、皆に拍手されますが、下手な人でも、笑われておしまいです。人に迷惑をかけることはありません。それがシティゴルフの良さですね。

ビジネス展示会などでは、不動産会社の方や、ビルオーナーの方が多く来場されていましたが、確かに、自社ビルの1階などで、テナントが空いている場合は、ビルオーナーが自ら運営する事業とすれば丁度いいのかもしれません。基本的に人手がかかりませんから。一番良い場所で、シティゴルフがあれば、地域の話題性にもなりますし、ゴルフの練習場ですから、ゴルフ好きの方々が仲間を伴って団体でやってきます。当然売上も上がります。

最近のゴルフマーケットは、若い女性が増えています。若い女性が気軽にグループで使えるシティゴルフであれば、さらににぎやかな空間になると思います。若い女性をターゲットにすることで、周辺のテナントさんとの相乗効果も出てくるのではないでしょうか。

シティゴルフのプランニングについては、ホームページからお問い合わせ下さい。物件の特性を生かしたオリジナルのシティゴルフを企画します。宜しくお願い致します。

 

2009 04 25-3.JPG 


 | 新規事業一覧空間活用ビジネス

1坪花屋

2009年4月19日

2009 04 25-9.JPG

書店の軒先で1坪の花屋を企画しています。書店と言っても、ロードサイドの書店。DVDやCDなどをレンタルしたり販売したりする複合型書店です。売上規模は月間3000万円以上。そのくらいの書店の軒先で、1坪程度の花屋さんを企画し、本屋さんの花屋さんというコンセプトで成功事例を作りたいと考えています。

この事業は、ファミリービジネスを基本に考えています。書店も元々は家族経営。今も多くの書店はファミリーで経営しています。花屋事業も、書店さんが経営するのではなく、書店さんがその軒先を他のファミリーに空間貸しをして、本と花の相乗効果を上げようということになります。

私の知人も多くは単身赴任をしています。家族と一緒に生活することが少なくなっています。家族は本来は一緒に生活しないとならないものです。しかし仕事優先で生活するということになると、別の場所でそれぞれが生活するということになってしまいます。それは本来の姿ではないように思います。

家族が別々に生活することが当たり前になっています。それは怖いことです。反対のことが当たり前になっているとは、凄くおかしなことです。いずれ年を取って、介護施設に入ったとしても、別々で生活することに慣れていれば、家族の面倒を他人に押し付けて、結局は家族の意味を失っていることになります。

最近はニートが増えて、働かない成人が増えました。アルバイトで食いつなぐというのも、夢があればいいのですが、ただ時間を浪費しているのであれば、寂しい気がします。子供の就職まで親が面倒をみないとならない時代が来たと言うことでしょうか。

だったらいっそのこと、ファミリービジネスをやりましょうということです。書店の軒先を借りて、1坪程度の花屋さんを家族で経営する。息子さんや娘さんがメインスタッフになり、お父さんやお母さんは裏方を担当する。家族が交代で花屋を運営すれば余計な人件費はかかりません。全て家族の収入になります。年間1000万収入の家族も夢ではありません。

儲かる花屋を家族でやりましょうという意味ではありません。家族でいっしょにビジネスをして稼いで、そのお金で、家を改装したり、2世帯住宅にしたり、バリアフリーに改築したり、将来の介護費用に備えたりするのです。それを家族皆で考えて実行するということです。

家族が介護施設に入居したとしても、今まで一緒に仕事をしてきた仲間でもありますから、面倒は見なければなりません。別々の生活をしてきた家族よりも信頼関係が強いはずです。

ファミリービジネスを基本とした書店軒先の花屋事業は、地域の為の社会貢献事業にもしていきたいと思います。花屋事業には商品ロスがつきものなので、許容範囲内のロス商品は、近隣の介護施設に寄付していければと思います。ロス花を無駄にする必要はありませんので、花をそのような使い方で活用することが出来れば、ロス商品が販売促進費用になります。要は考え方次第です。

軒先花屋事業を、誰でも出来るようにするのが我々の仕事。頑張って成功事例を作ります。

 

2009 04 25-10.JPG 

お花の講師さんとのコラボレーションも企画中です。

2009 04 26-10.JPG

2009 04 26-11.JPG 

花の講座は本当にいっぱいあります。

2009 04 26-12.JPG

1坪花屋さんは、日本中の書店に提案していきたいと思います。書店と花のコラボレーションを実現していきます。

2009 04 26-13.JPG

 


 | 新規事業一覧空間活用ビジネス

▼次のページ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20