日本リユース協会は、収益事業ではきちんとビジネスをしながら、同時に、社会貢献も実践する社会企業家のスタイルを目指しています。

介護施設におしぼり機を無償レンタル

介護施設内で利用が増加しつつある「自動おしぼり機」を無償貸し出しすることを企画推進中です。介護施設に自動おしぼり機を無償貸し出しすることで、毎日おしぼりなどを準備している施設スタッフの方々の負担(手間隙)が軽減されますし、入居者の方の満足度(快適さ)も上がります。もちろん、施設の清潔度もさらに向上することでしょう。

ある有名な大手介護施設さまでは、入居者の方から、おしぼり代を月額固定で徴収しています。入居者の方は、より快適な生活をする為に、介護施設が用意したおしぼり機を自由に使っています。利用者が月額固定の有料で使っているわけですから、おしぼりの利用量も当然増えています。今後はこのような介護施設、そしてそのようなサービスになっていくことで、差別化がなされていくことと思います。

介護施設に行くと、外部から来た人はすぐに手洗いや消毒を、施設のスタッフに指示されます。このようなシーンにも、おしぼり機の需要はあります。つまり、外部から施設に入る方全員におしぼり機で手を除菌することを徹底すればいいのです。

おしぼり機は、無駄な水を使わないエコ商品です。2500ccの水タンクから、200本程度のおしぼりが出来ます。つまり、2500ccの水で、200人の手をきれいにすることが出来るということです。おしぼり機が無駄な水を使わないエコ商品であるという事実も広げていきたいと思います。

おしぼり機メーカーさまや多くの関係者の協力も得て、この事業を企画推進していきます。介護施設内に、便利な自動おしぼり機を設置することで、何らかの社会貢献につなげていきたいと思います。

おしぼり機の左右側面や前面には、会社や商品の広告などを入れることも可能です(シール対応・別途有償)し、ロール布に広告印刷することも可能です。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

2009 04 11-5.jpg

おしぼり機のチラシはこちらからダウンロードしてください。このおしぼり機は韓国で製造しています。

⇒ おしぼり機表.pdf おしぼり機裏.pdf

 

2009 04 11-3.JPG

こちらのおしぼり機では、長さを22センチ、25センチの2パターンに設定出来ます。22センチでは170本、25センチでは150本のおしぼりが出来ます。当方が今現在供給しているロール布の長さは、37、5mあります。(チラシ等には異なる長さが書かれている場合がありますのでご注意下さい) ロール布の幅は23.5センチになっています(2枚重ね)。ロール布は中国で製造しています。またロール布はトイレに流すことは出来ませんの、ご注意下さい。燃えるゴミとして処分して下さい。 

おしぼりのロール布は科学原料を一切使わず100%天然植物繊維の材質(原料:アカシア・ユーカリ)で、廃棄時の自然への還元を優先に考えています。天然植物繊維なので非常に柔らかく、肌を痛めません。また、紙おしぼりよりも丈夫なので使用後にダスターとして再利用できます。パック(袋詰め)されていないので、ゴミの減量とともに1度に数本持ち帰られることもなく経済的です。

2009 04 11-1.JPG

このような箱に24個のおしぼりロール布が入って納品されます。

2009 04 11-2.JPG

こちらのおしぼり機には、除菌機能が付いておりませんので、除菌薬液を水タンクに入れて使用することになります。水タンクは、2500CCですので、50CCの除菌薬液を入れて頂きます。その際、除菌薬液のボトルのキャップが1杯50CCですので、そちらをお使い下さい。除菌薬液は初回セットには標準装備しております。2本セットで納品しますが、1本で2000CC入っています。この商品は国内で製造しています。O-157や大腸菌サルモネラ菌等、日本食品分析センターにより上記の菌以外にも多くの検査を行っており、問題ないとされています。

2009 04 11-4.JPG

また水タンクを2500CCで満タンにしますと、1.5ロール分使用可能になります。

おしぼり機の故障対応先(連絡先)については、おしぼり機の設置後にご案内させて頂きます。

 

設置についての注意点⇒  トリサン機設置注意点.pdf 

 

介護施設での活用事例はこちらをどうぞ!⇒ http://servelle.main.jp/oshibori/

 

トリサンおしぼり機表.jpg

仕様説明です。 

電源:AC100V(50/60Hz)   殺菌システム:無し   温度調節: 常温と暖  

排出量: 1分間に約28枚   おしぼり長さ調整: 22センチと25センチの2段階

サイズ: W229mm × H453mm × D523mm  重さ: 約12,5kg 

電気代: 1日12時間使用で、電気代700円(月) 程度です。

トリサンおしぼり機裏.jpg

 

トリサン機の初回取り扱い手順を以下写真でご説明します。

 

まずは、機械の内部にありますタンクに水道水を入れてください。指定のところまで入れて下さい。

2009 04 08-1.JPG

 

次におしぼり専用除菌液を使いますので、用意して下さい。除菌液は他のメーカーのものでも構いません。

2009 04 08-2.JPG

 

専用のキャップで、50ccを入れて下さい。(50倍に希釈して使用します)

2009 04 08-3.JPG

2009 04 08-4.JPG

 

タンクのふたをきちんと閉めます。

2009 04 08-5.JPG

 

おしぼり機にゆっくりと入れて下さい。底まで、ガツンと落とさないように注意して下さい。先端部分が破損してしまいます。

2009 04-08-6.JPG

2009 04 08-7.JPG

 

専用ロール紙をセットします。

2009 04 08-8.JPG

2009 04 08-9.JPG

2009 04 08-10.JPG

差込口を指でちょっと持ち上げて、ロール紙を差し込みます。

2009 04 08-11.JPG

 

静かにふたを閉めて下さい。

2009 04 08-12.JPG

 

右側にあります。電源スイッチをオンにします。

2009 04 08-13.JPG

2009 04 08-14.JPG

 

ノズル洗浄ボタンを押します。機械の中から、水が出る音がします。

2009 04 08-15.JPG

 

電源スイッチの下に、暖と常温の切り替えスイッチがあります。暖を押すと、暖のランプが点きます。

2009 04 08-16.JPG

 

機械の後ろ側には、水量調節スイッチ、ロールの長さ切り替えスイッチがあります。

2009 04 08-17.JPG

 

テストで1回おしぼりを出してみてください。

2009 04 08-18.JPG

 

機械の内部にあるトレーには水がたまるようになっています。1日1回はトレーを出して水を捨てて下さい。

2009 04 08-19.JPG

以上で初回の設置作業はおしまいです。

 

もしも、ロール紙が詰まったら、機械のふたを開けて、差込口を指で上げて再挿入して下さい。ロール紙の先端部分が波打っている場合は、きれいなはさみでカットすると、簡単に入ります。

 

2009 04 08-20.JPG 

 

その他の除菌液の案内です。この除菌液は香りが良いので大変評判です。是非一度お試し下さい。(除菌液によって、水タンクに入れる量が異なりますので、ご注意下さい)

2009 04 08-21.JPG

値段:   オープン価格(消費税・送料込み)
 
販売単位:   本
 
用途:   紙おしぼり専用清浄液
 
使用方法:   50倍程度に希釈してご使用ください。 
 
液性:   中性
 
含有成分:   陽イオン系界面活性剤型除菌剤
性界面活性剤型除菌剤
香料、イオン交換水
1本:1000ml 入り
 
備考:   おしぼり清浄液1本で、平均 約 25000本分のおしぼりが作れます。


動画による、おしぼり機説明はこちらをどうぞ!今すぐにお問い合わせ下さい。

介護施設におしぼり機を無償レンタルの関連ページ(07代表ブログ)


ページ名:介護施設におしぼり機を無償レンタル
日本リユース協会(特定非営利活動法人)トップへ