ポメラDM20・キングジム

ポメラDM20・キングジムの使用感想

オススメ度:★★★★☆
総評:
日本語環境でのテキストエディタとしては最強

スマホやタブレットが登場して以降、使う人が少なくなってきたポメラですが、私はまだまだ現役で活用しています。4年以上使っていますので、その所感などを書いてみます。

元々のコンセプトが、単機能、メモだけに特化するというものだけあって、テキストを入力・編集・保存するという機能しかありません。しかし、それだけに関していえば、依然他のモバイル端末をしのぐ便利さがあります。

ではその詳細について、スマートフォンやタブレット、PCなどと比較して、メリットとデメリットをまとめてみましょう。

●メリット
・軽くて小さい(スマホより一回り大きい程度)
・フルサイズキーボードが使える
・タッチ(クリック感)が抜群
・すぐに起動、終了ができる
・コピー&ペーストを始め、アンドゥやページアップ・ダウン、保存などのショートカットがWindowsPCと同様に使える
・電池の持ちが良い(連続使用5時間程度)
・MicroSDやUSBでのデータ転送に加えて、QRコード表示によってスマホやタブレットにデータを送れる

●デメリット
・可能な作業はテキスト入力(編集)に限られる
・スマホよりやや大ぶり
・折りたたみ機構の樹脂部分が割れることがある
・内容検索(ファイル横断検索)ができない

スマホなどと比較しても、はっきり言って、メリットの方が多いです。

スマホやタブレットを利用する場合に、もっともPCと異なるのは入力部分です。フリック入力も慣れれば便利ではありますが、キーボード入力の快適さには敵いません。特に長文を入力するときは外付けキーボードが必須になると思います。しかし、スマホやタブレットの外付けキーボードで問題になることがいくつかあります。

●スマホ・タブレットの外付けキーボードの問題
・キーピッチが狭い場合がある
・入力時のクリック感(バックラッシュ)がイマイチなものがある
・しっかりしたハードを持つキーボードを持ち歩くと、結局スマホでもかさばる
・スマホ(タブレット)側の処理速度が追いつかない場合がある
・Androidの場合、入力変換アプリの対応がイマイチ
・コピー&ペーストなど、キーボードショートカットが使えない場合がある
・スマホ(タブレット)のバッテリー容量に、作業時間が制約される

コンパクトなブルートゥース対応のキーボードが多数出てはいますが、上記のような問題は依然としてあるようです。キーボード側の問題や端末側の問題それぞれがありますが、特に文字選択やコピー&ペーストの動作が快適にできないと、文章作成時に非常にストレスとなります。

また、キーボード自体に電源(電池や充電)を持つものもありますが、結局はスマホ(タブレット)の短い駆動時間に制約されてしまうので、長時間の作業は気を使います。

続く

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。




by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links