iPhone用外付けレンズ(ギョガン、ワイコン、マクロ)

●iPhone用レンズ

三種類のレンズが使えるものです。魚眼レンズ、ワイドコンバージョンレンズ、マクロレンズの3種類です。

iPhone4S/4用3in1 カメラレンズ (魚眼レンズ ワイドレンズ マクロレンズ) 収納用ポーチ付き (7606-1)

オススメ度:★★★★★
総評:
iPhoneカメラの活用度が広がるセットです。比較的安いので、カメラを使う人にはオススメの品。

◎ここがGOOD!
・狭い画角のiPhoneのカメラだが、このレンズで用途が広がる
・魚眼が使い方によっては結構面白い
・小さいので携帯性が良い

×ここがBAD
・ケースごと変えなくてはいけないので、携帯性という意味でやや面倒
・望遠レンズが望遠すぎる(焦点範囲が思ったより狭い)
・望遠レンズの装着状態がちょっと大げさ

ワイドレンズは使えます!iPhoneは狭い範囲しか撮影できず、特に動画になるとさらに狭くなるので、ある程度ワイドに撮りたい時に使えます。
そして、比較的使いやすいのは魚眼レンズ。一眼の魚眼レンズのように歪曲のはっきりしたものではなくて、ゆるい曲線の魚眼なので、ワイドレンズの亜流のような使い方ができます。広角で撮れるので、狭い場所での撮影はぴったり。

マクロレンズはあまり使っていませんが、かなり接写ができます。相当近づかないとピンが合わないので、エレベーター三脚などがないと難しいかもしれません。
iPhoneはセンサーサイズが極小でどうしても光が強すぎる場所と暗い場所には弱いので、そこはレンズでカバーできません。
ただ、動画で記録用に使いたい場合は、このワイドレンズをデフォルトにしたいくらい使い勝手が良いです。
iPhone動画の良さは携帯性と小ささなので、細かい場所をiPhone標準より広角で撮れるというのは結構なインパクトだと思います。

そして、ネガティブなのは主に望遠レンズについてです。
このセットについているのは10倍の望遠なのですが、ほかのレンズと同様に単焦点です。ですので、被写体からかなり離れないと画面に収まり切りません。想定されているのは風景とかを望遠で、ということなのでしょうが、使い勝手は良くないです。光学望遠なので、画質自体は良いのですが、10もの望遠なので手ブレはかなり気になります。写真であっても手持ち撮影は難しいです。かと言って携帯電話用三脚でもガタが気になるレベルなので、安定した三脚が欲しいところです。でも、そうなるとそもそもiPhoneの携帯性というメリットがなくなってきます。もう少し使いやすい3~5倍程度の望遠なら使いやすいような気はします(どこかでそういうレンズを見たような気もするので、あるのかも)。レンズにフォーカスリングが付いているのは良いです。ただ、iPhone側のオートフォーカスがなかなか定まりません。

サンコー iPhone5用16倍ズーム&マクロレンズキット ZORE16MR

サンコー iPhone5用16倍ズーム&マクロレンズキット ZORE16MR

by Amazon Auto Links

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。




by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links