ドライブレコーダーの取付方法その2

★吸盤ベースでガラス面に固定する

吸盤ベースのメリットは、取り外しできることです。一個のドライブレコーダーを複数のクルマで使い回したい時などは吸盤式が便利です。

ただし、接着力は両面テープほどの力はありませんので、運転中に落下しないようにきちんと吸着させることが必須です。
そのためにも、吸盤ベースは安価なものではなく、ロック付きの吸着力の高いものを使いましょう。

  • 取りつけの位置を決めます。
  • アルコールペーパーなどで簡易的に脱脂します。吸盤側も拭きましょう。
  • 乾燥したら吸盤を押し付けます。円形に均一の力が掛かるように押し付けます。
  • その状態のままロックレバーを一杯に引きます

取り外すときはこの逆で、ロックを解除したあと吸着面の端を少しだけめくり空気を入れるようにすると外れます。
運転中に落下するとわき見運転にもつながりかねず、非常に危険ですので、きちんと設置しましょう。
★吸盤ベースでダッシュボードに固定する

ゲル状吸盤を持つ吸盤ベースなら、ダッシュボード上にも固定できます。この場合、一般的な釣り下げ型ではなく、三脚に据えるような格好になります。ドライブレコーダーの機種によっては、上下逆の映像に切り替えられるものもありますが、そうでない場合は下から支えられるように工夫が必要になります。

携帯電話用のアダプタなど、設置機材を工夫すれば問題なく固定することが可能です。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。




by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links