都会暮らしでプチ自給自足を楽しむブログ

プランターから畑へ

2008年6月から、初めてプランターを購入。
狭いベランダですが、日当たりはすこぶる良く、せっかくなので有効活用したいという風に思ったのがきっかけです。

2007年の冬に、栃木にある有機自給農家「たまゆら草苑」さんを訪れたもの一つのきっかけではあります。また2008年の金融危機を目の当たりにして、いままでは見えなかった考え方が見えてきたのが大きかったと思います。

これについて説明するには、少々込み入った話ですので、下記のページに譲ります。
http://servelle.main.jp/2009/11/24/post-489.html
簡潔に言えば、「お金を稼ぐこと」と「日常必要なモノ・食べ物を自給すること」は、同値だということです。普通は「お金を稼ぐこと」が当然であって、そうしない人は変わり者だと思われます。でもこの考えこそは、国と税金学者が深く仕込んだ洗脳作戦です。


しかし、頭で分かったのと、実際にやるのとでは大違いです。分かっているようで、分からないことばかり。

料理もしかり、車の運転もしかり、コンピューターの世界もしかり。どの分野でもそうですが、入門するのが一番難しいというのが常です。入門書はいろいろありますが、そもそもどの入門書を読んだら良いかが分からないのですから。

私は、周りに特に教えてもらえる人がいないので、本の情報をフル活用して、覚えることにしました。どれを読んで良いのかが分からないため、図書館で読み比べです。

★→有機農 関連書籍を読む






お試し 野菜セット 10種類 有機肥料、農薬・化学肥料不使用の野菜

あわや自然農園 有機無農薬野菜セット(10種類以上)送料込
あわや自然農園 有機無農薬野菜セット(10種類以上)送料込

旬のおまかせ九州野菜セット★12品以上+ときどきオマケ。 お中元 ギフト
旬のおまかせ九州野菜セット★12品以上+ときどきオマケ。 お中元 ギフト

【送料無料】高知の旬の野菜詰め合わせセット!!【13品目】
【送料無料】高知の旬の野菜詰め合わせセット!!【13品目】


●【お知らせ】映像で学ぶ!プチ自給自足の世界に入門しましょう!
プチ自給自足を考えて、情報収集している方のために、映像コンテンツを制作しています。
換金目的の農作物ではない、安心安全な自家用の食べ物を、自分自身の手でつくりたい。

そうなると、プロの農家とは違った視点が必要になります。つまり単一作物を大規模に作るのではなくて、その反対に「多品種を少量作る」というノウハウが必要になります。そしてそのノウハウは意外と出回っていません。農業人口のほとんどがプロの農家であり、自給自足している人はごく僅かしかいないのですから当然です。そして、それは「家庭菜園」を入り口にして学んでいくのが理にかなっています。

ところが、市販の野菜栽培の手引き書は、手にとれば分かりますが、実践する上では分かりにくいのが珠に傷です。例えばジャガイモを植えるにしても「タネイモを半分に切って、苦土石灰を切り口に塗り、土中15cmに埋める」と書かれています。たしかに手順は分かりますが、では「いつタネイモを半分に切るの?その場で?それとも前日?」「苦土石灰って何?何のために塗るの?どれくらい?」「土に埋めるって、向きはどっちに埋めるの?」などなど。いざ作業しようという段になって、細かい疑問点が噴出してきます。頭はハテナ(?)だらけです。これは、文字とイラスト・写真で見せる手引き書の限界ではないかと思います。いちいち書いていたらクドイですものね。そうは言っても、予備知識ゼロから始めようとする人は、必ずぶつかる最初のカベだと思います。

そこで、実際の家庭菜園1年目に行う作業を、いちいち映像でお見せしようというのがこの企画です。ご興味のある方は、予約も承りますので、どうぞメールでご連絡ください。
問い合わせ先:sissyneck2129@gmail.com

プランターから畑への関連ページ(01食べ物・野菜)


ページ名:プランターから畑へ
プチ自給自足の都会生活トップへ