都会暮らしでプチ自給自足を楽しむブログ

ベランダ菜園

プランター

この記事の目次

  • ベランダ自給菜園とは?
  • ベランダでどこまでできるか?
  • ベランダで野菜を育てる注意点
  • プチ自給自足のコツ



・ベランダ自給菜園とは?
ベランダ自給菜園とは、ベランダなどの狭いエリアで野菜を育て、自分で消費するというスタイルのものです。ベランダ菜園と言えば、ふつうはこのように自分が食べる用に育てるものですので、敢えて「ベランダ自給菜園」としているのは次の理由からです。

  1.  育てる楽しみを最重視しない
  2.  コスト意識を持ち、なるべく費用を掛けない

ベランダ菜園と言えば、ふつう趣味の一つとして、目の前のベランダで育つ植物を日々眺めながら、その葉や花を愛でるのが主ではないでしょうか。そのためには、プランターや飾りつけにも凝って、市販の肥料やマルチングなどにお金を掛けるのではないでしょうか。そして「自分で食べる」というのは、あくまで付加的な楽しみであるというのが一般的です。

ところが、ベランダ自給菜園は違います。育てる楽しみというのは二の次。自分が食べるために、どこまで貢献したかという「結果」を重視します。そして、コスト意識を持って、なるべく費用はゼロ円で済ませるようにします。ゼロ円とはいかなくても、なるべく余計なコストは掛けないようにします。そのため、飾りつけやプランターの装飾などは一切しません。見た目にもこだわりません。


・ベランダでどこまでできるか?
基本的な考え方としては、ベランダで行うとはいえ、普通の路地の畑で行う「自給栽培」と同じです。ある程度の計画を立てて、限りある面積のベランダを耕作地に見たてて、なるべく効率よく稼働するように考えます。そして、育てる野菜の種類と量は、まず消費量によって導き出されます。

自分で育てることを楽しむためや、人に分けてあげるためなどといった目的でベランダ栽培をしてしまうと、それはベランダ自給菜園とは言えません。そうではなく、あくまで自家用の食事を賄うという実利に基づいたものとなります。

とはいえ、ベランダではやはり面積が限られますあら、いくら工夫しても収穫量に限界があります。当然ではありますが、畑での栽培のように大量に作付することはできません。従って、自給菜園とは言っても、完全自給自足は当然できません。

それだけに、何をどれだけ育てるかという計画が何より大切になってくるのです。この意味では、どうしても初の植物栽培でその成長に一喜一憂してしまいがちな初心者向けというよりは、一度栽培したことがあるという経験者の人に向くものであるかも知れません。


・ベランダで野菜を育てる注意点

ベランダという限られた空間、土環境かつ生活の場を使う訳ですから、どうしても注意すべき点がいくつか数えられます。主なものを次に挙げておきましょう。

 ・日当たり

ベランダは、建物の設計上向きが決まってしまいますので、必ずしも日当たりの良い場所だとは限りません。もしも北側よりの場合は、日中の強い日差しは望みにくいということもあります。だからと言って全く栽培に向かないという訳ではありません。日照をさほど必要としない野菜もありますし、キノコなどの栽培も選択肢に入ります。

 ・根腐れ

路地の畑と最も異なる部分が、この根腐れです。畑とは違って、ベランダではコンテナと限られた枠の中にしか土が存在していないため、自然の循環がほとんどないのです。そのため、水やりと排水に気を使わないと、野菜の根っこ部分が腐ってきてしまうことあるのです。また、スペースに苦慮して狭いプランターを使うと、根が十分に伸びず収穫物も小ぶりになってしまうことがあります。

 ・虫

自宅という生活の中心地で栽培する以上、虫との遭遇は避けたいという方が多いでしょう。しかし、生態系の中にいる虫は植物がある限り発生します。道具や忌避剤の工夫によってある程度は緩和することができますので、試しながら行っていくのが良いでしょう。

 ・排水溝

共同住宅のベランダを利用する場合で気を使わなくてはいけないのが、排水溝です。住宅によっては、排水溝が2軒ごとに1個しかないということもあり、隣家の方へ泥水を流さざるを得ないことも。また虫やにおいの発生を嫌う隣家とのトラブルになる可能性もありますので、できる限りコミュニケーションを取るなどして良好な関係を維持するのが良いでしょう。


・プチ自給自足のコツ
ベランダ自給菜園を営むのは、いわばプチ自給自足の生活をすることもあります。自給自足のポイントは、「食べるものを育てる」こと。逆に言えば、「食べないものは育てない」ということです。従って、この野菜は育てやすそうだとか、この野菜ならこのスペースで出来そうだといった考え方はしないことです。

この意味では、普段の食事と密接に関係するのがベランダ自給菜園の取り組みです。普段の食事とは関係のない野菜を育てても、目的には寄与しません。従って、まずなによりも必要なのは「食に対する方針」です。

食事というのは難しいもので、好きなものだけ食べていれば良いというものではなく、かといって医者から勧められた健康食だけを食べることもいずれ飽きてしまいます。また本格的にスポーツをやっている方なら、少なからず食に対するこだわりを持っていることでしょう。健康な体を作るために、何を取ったら良いのか。このことについてしっかり考え、食に対する方針を持つ。これができてから、初めてベランダ菜園に取り組むことです。そうしないと、結局そのうち自給率は下がってしまうはずです。

このように、食べる分を育てるということを考えると、料理の腕も要相談ということになります。野菜だからと言って生で食べるだけだと飽きやすいですし、自給率ということでいえばメインにはなりにくいのではないでしょうか。この意味では、メイン料理にうまく活用できるような料理の知識や腕があると、ベランダ自給菜園は効率的に実行できます。

そして、何より大切なことは、自分達が食べる量を知っておくことです。必要以上に育ててもしかたありませんし、あまり普段量をとらない副菜となる野菜ばかり育てても仕方ありません。どの程度の量を普段食べているのかを知れば、おのずと育てる量が決まってきます。

以上のように、ベランダ自給菜園のポイントは「歩留まり」にあります。必要な量を、必要なだけ育てる。葉や根ばかり大きくなる野菜ではなく、可食部分の多い野菜を育てる。このように使い手にも着目した歩留まりを意識することが、ベランダ自給菜園を成功させるコツなのです。


image-20110606210912.png

ベランダプランター栽培している野菜たちを、畑の野菜と比べて観察しています。それぞれの苗を購入したのは3月の中旬ですが、現在までおおむね順調に経過しているように思います。毎日水やりをしたり、害虫対策をこまめにできるということも手伝って、ベランダでの栽培の方が順調なような気がしています。

image-20110606213208.png

まず栽培している野菜の種類ですが、ナス2つ、ゴーヤ2つ、バジル1つが基本です。これらに、今期初の試みとして、コンパニオンプランツを試してみています。コンパニオンプランツとしては、ナスに対して枝豆と小ネギとバジル。そして、ゴーヤに対して、小ネギとバジルです。いずれも、順調に育っていて、コンパニオンプランツとしての効果はある程度あるようです。

ナ スは、本を見よう見真似で、三本仕立てにしているつもりなのですが、イマイチ整枝の仕方が合っているのかどうか分かりません。ただ、畑に3株植えているナ スよりは明らかに育成が良く、葉っぱも立派な大きさに育っています。アブラムシも多少はいますが、気になるほどの数ではありません。ただ、もう結構大きい のに2つとも最初の実がまだ成らないのが少し気がかりではあります。どのくらいの時期に変化があるのかを見守りたいと思います。

ナス2 株のうち1株に植えた枝豆は結構元気に育っているのですが、どこから豆が出てくるのか、どのような成長過程を辿るのかよく分からないため、とりあえず静観 といった感じです。また、ネギは強いのは知っていたので、ほとんど放任状態ですが、たまに食事で麺類を食べるときは、小ネギを輪切りにして薬味として活用 しています。

バジルは単体の鉢でも、コンパニオンプランツでも、良く育っています。葉っぱも青々と大きくて、使い勝手があります。バジルの葉をみじん切りにして、オリーブオイルと合わせて塩こしょうを加えてパスタソースにしたり、同様に茹でジャガイモの味付けに使ったりして、主に調味料としての用途が多いです。

ゴーヤに関しては、ベランダ物干しを使ってネットを張っているのですが、うまく這って育っています。あまり上まで育ってしまっては困るので、自分の身長を少し越えたあたりで、主枝の先端を切りました。側枝が延びてきて、そこか実がなるはずなので楽しみです。既に、小指の第一関節ほどの小さなゴーヤが3つほど成っています。

ベランダ栽培のコツは、土づくりと、初期の不織布がけです。土づくりとして野菜用土に、必要なだけの石灰や、炭、灰などのアルカリ分やカルシウムな どの微量要素を補って、腐葉土などを少し混ぜておくことです。これで1週間くらい時間をおいてから育てると良いようです。また、不織布は害虫よけや調湿に 良いので、育苗や定植初期に使うと良いようです。不織布を外した後は、少し腐葉土やその葉っぱを土においておくと、湿度の調整に役立つそうです。

当面はこのラインナップですが、夏場から秋に向けて、次の栽培内容を考えてみたいと思っています。また、ハーブもハトや害虫避けに役立つものもあるようで、もう少し調べてみる必要がありそうです。
メルマガ購読・解除
 


ページ下部に 映像で学ぶ!プチ自給自足の世界 のお知らせがあります!

image-20110613132404.png

バジル
ベランダで育てていますがとても順調で、虫食いもなく大きめな葉がたくさん出ています。小さめのプランターを使っているのですが、もしもっと大きな器にしていれば、きっともう少し大きくなるのでしょう。現状でも十分ではあるのですが、少し試してみたいことがあったので実験です。それは、いわゆる「株分け」。野菜を含めて、もともと植物は強いので、水や光があればある程度弱ったものや、分裂してしまったものでも再生・成長することがありますが、特にこのバジルは強いという噂なので、試してみることにしました。

基本的には、水耕栽培の要領で、葉っぱを水に浸しておくことで根を生やします。根が出たところで別のプランターに定植するという訳です。

まずは、バジルの葉っぱを摘み取ります。普通よりはやや大きめの 葉っぱを選び、なるべく深く、茎の根本が残るような形で切り取ります。そして、水耕栽培の器として利用したのが、牛乳パック。牛乳パックの底だけを利用す る形で、はさみで切り取りました。この中に水を入れて、葉っぱを入れるのですが、このままだと葉っぱが水に浸った状態になってしまいます。そこで、輪ゴム で仕切のようなものを作って、葉っぱが立つようにしておきました。茎に近い根本の部分だけが水に浸るようにします。



この状態で、光が入りやすい窓際に置いておきます。ちなみに、水は酸化していってしまいますので、毎日変えます。後はひたすら放置しておくだけです。

ちょうど1週間位経った時、茎のあたりから小さく白い根っこが生えてきました。ちょうど大根の根っこのような感じで小さく生えてきたので、ひとまず成功です。この状態でもうしばらく根を生やして、ある程度根が成長したら別のプランターに植え変えてみようと思っています。

改めて思いますが、植物の成長力はすごいですね。保管していた場所は、光の量がやや足りない場所ではあったのですが、もしもっと日光が当たる場所なら2~3日で根が出てきたのではないでしょうか。ちなみに、バジルだけでなく、ミントなども同じように株分けすることができるハーブだそうです。このサイクルがうまくいくなら、より長い間、バジルの香りを楽しむことができますね。


image-20110613132425.png



▼ベランダ栽培のゴーヤは、蝶々が受粉してくれます




▼少しだけインゲンを収穫しました




<メルマガ紹介>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 太陽光発電によるエネルギー自給
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここでは、都会の小さなワンルームに一人暮らしする人を想定して 話を進めます。都会暮らしで自給自足と言っても「畑とか広い庭を 持った一戸建てじゃないと無理なのでは?」と思っている人もいる かも知れません。

でも実際は、ワンルームの一人暮らしでも小さなチャレンジはでき ます。「プチ自給自足」ならではの取り組みをいくつかご紹介した いと思います。

まずは、ワンルームでも出来そうなことを並べてみます。

●ワンルームの一人暮らしで出来ること
・プランターを使った野菜作り、ハーブ作り
・ぬか床を作って、ぬか漬け作り
・小さな太陽光パネルを使った発電
・ソーラークッカーを使った簡単料理
・機密性を高めた、冷暖房サポート
・おふろの水、徹底利用



他にもまだまだあると思います。このように、ワンルームでも一般 に思われているよりも、たくさんのことができるんです。

こうした取り組みを始める前に、まずは毎月支払っている食費・水 道光熱費を把握することから始めてみましょう。簡単な家計簿を付 けることで、ざっくりと把握することが出来るはずです。家計簿を 付け慣れない方は、こちらのサイトなどを参考にしながら1~3ヶ 月間ほどつけてみましょう。

水道光熱費に関しては、まず熱交換をするものがたくさんエネルギ ーを使うことを知っておきましょう。たとえば、ラジオなどは非常 に消費電力が少ないのですが、冷暖房・冷蔵庫・ドライヤー・お風 呂の給湯機などは非常に大きなエネルギーを消費します。この温度 変化を起こすものについて、どう取り組むかがプチ自給自足のポイ ントになってきます。もちろん、節電することや部屋の機密性を高 めることも、効果的な省エネ対策になります。

今後上記の取り組みのうち、いくつか取り上げていきますが、ここ ではまず「小さな太陽光パネルを使った発電」について見ていきた いと思います。

今回のメインテーマに進む前に、ひとつ確認です。 あなたはマイカーをお使いでしょうか。もしマイカーを使っている なら、経費は負担になっていますか?家計を見直すついでに、車の 経費も見直してみるのも良いかもしれません。なぜなら車を維持す る経費は、家計の中でもトップクラスに大きいからです。もしマイ カーについて全てディーラー任せ、業者任せにしているのなら、数 万円単位で改善できる可能性があります。

例えば普段の運転の燃費。実は先日私は公共のエコドライブ講習を 受けてきました。そこで出た結果は、私の場合エコドライブのコツ を実践すれば「年間40100円の節約」になるそうです。ガソリン代 だけでこれは結構大きいです。また、車検についても法律が変わっ ていて、業者任せにしなくてもちょっとした知識があれば3万~4万 も節約できます。車の維持に関しては、知っているか、知らないか だけで、大きな金額差ができるものなんですね。もしマイカー維持 についてまだ「知識武装」していない方はぜひチェックしてみて下 さい。

▼車の維持費を節約
http://shift-up-club.com/2/025/

---今回のメインテーマはここからです---

●小さな太陽光パネルを使った工作

一人暮らしで出来るプチ自給自足とは、何も野菜などの食料栽培だ けではありません。太陽光発電であれば、昔に比べてずいぶんと身 近になってきました。

太陽光パネルというと、宣伝を見る限り一戸建て向けで、屋根一面 にパネルを敷き詰めて「施工ウン百万円」というイメージを持って いるかも知れません。でも実はとても小さなシステムからあります し、自作することも簡単です。身近な例で言えば、電卓の多くが太 陽光発電を使っています。これと同じ仕組みであれば非常に簡単で す。

電子工作関連のパーツを売っている電気店に行くと、小さな太陽光 パネルが売られています。身近にそのようなお店がない場合はネッ ト通販を利用したり秋葉原で買い求めることができるはずです。要 領にもよりますが、1枚数千円程度の予算で入手できます。

このような一番小さなシステムでは、太陽光パネルを使って、充電 地に充電するものが実用的です。

※図や写真はウェブサイトをご覧ください
http://servelle.net/petit/


まず、プチ自給自足としては、電池で駆動するものから太陽光発電 に移行するのが良いでしょう。家の中を見回すと、いくつか電池で 動く機器を使っているはずです。代表的なものがリモコンです。TV やDVD、エアコンなどの家電にはほとんどリモコンが使われていて、 ほぼ全てが電池駆動のはずです。他にも、このような電池駆動の機 器が思い浮かびます。

●電池駆動の電子機器
・リモコン(TV、DVD、オーディオ、エアコンなど)
・時計(壁掛け時計や目覚まし時計など)
・懐中電灯
・デジタル温度計
・自転車用ライト
・電動はみがき
・ラジオ

他にもまだまだあるはずです。これらの機器を「ソーラー機器」に してしまうことから始めてみましょう。発電の効率化が出来れば、 携帯電話のバッテリー充電を太陽光発電化することも見えてきます 。

まずは、準備です。 日常主に使っている電池の形式を調べてみましょう。単三や単四が 多いことと思います。これに合わせて、使用する充電地を考えてみ ましょう。充電地を購入する際は、やや多めに買っておく方が無難 です。毎日、数本の弱った充電地を太陽光で常に充電しているイメ ージです。 また一口に充電池と言ってもいくつか規格があり、それを知ってお くことも大切です。

・ニッケルカドミウム電池(通称ニッカド電池)
・ニッケル水素電池(やや高い)

ニッケル水素電池の方が、やや蓄電効率が良いと言われています。 発電用の太陽光パネルとの相性で決めていきましょう。

使う電池の形式を決めたら、その他の材料も含めて買い出しに走り ましょう。電子機器の専門店や模型店で売られている場合が多いで すが、見つからなければ東京・秋葉原まで出向けばかなり選択肢が 増えます。実際に見回る時間がなければネットで購入しても良いで しょう。

●買い物リスト
・ソーラーパネル(10W~20W程度のもの)
・充電地(必要数)
・電池ボックス
・ヒューズ
・電線
・はんだ小手
・電工ペンチ(はさみでも可)
・テスター(電圧計でも可)
・(ダイオード)
・(ワニ口クリップ)





部品としては、ソーラーパネル(2000円前後)、電工ペンチ (1000円弱)、テスター(1000円前後)などの「一生モノ」は多少 値が張りますが、その他はせいぜい数百円の出費です。

ソーラーパネルは、W(ワット)数が発電の力に大きく影響します。 ワット数が高ければ、それだけ大容量の充電ができると考えて良い でしょう。当然ワット数が多いものは、大きく金額も高くなります 。

また、パネルの種類は主に3種類あり、「単結晶」「多結晶」「ア モルファス」などが有名です。発電効率が高いと言われる単結晶を 入手できれば良いでしょう。10W~20Wであれば、2000円前後で手に 入るはずです。

電線については、太さが様々ありますが、始めるにあたっては一番 安く、細いもので問題ないでしょう。赤色の線と黒色の線が多いは ずですが、一般的にはプラス側が赤、マイナス側が黒となっていま す。線自体は赤も黒も同じものですので、パッと見てプラス側か、 マイナス側かを分かりやすくしているに過ぎません。

さて、実際の作成にあたってはソーラーパネルと乾電池を結ぶため に半田付けを行います。半田付けには、半田小手とハンダが必要に なりますが、一番安いものなら合わせて1000円程度で手に入ります 。

●作成手順
・電線を電工ペンチ(またはハサミ)で端の部分を剥きます。銅線 が露出すればOKです。
・電線と電池ボックスの間に挟むようにヒューズを取り付けます。 取り付けには半田と半田小手を使います。
・ソーラーパネルと電池ボックスを電線で結びます。ソーラーパネ ルのプラス端子と、電池ボックスのプラス側を結ぶように取り付け ます。同様に、ソーラーパネルのマイナス側と電池ボックスのマイ ナス側を結びます。
・整流ダイオードを取り付ける場合は、ソーラーパネル側から電池 ボックス側へ向いた方向へ取り付けます。プラス端子の線に取り付 ければ良いでしょう。
・ソーラーパネルを太陽光に当てたときに電流が流れているかどう かを、テスターで調べます。

後は充電池を電池ボックスにセットして、ソーラーパネルを太陽光 に向けるだけです。この単純なシステムでも、太陽光で発電して乾 電池に蓄電することができます。なお、充電地は4本より2本の方が 充電時間が短くなります。

またソーラーパネルと充電地を直接半田でつないでしまうのではな く、ワニ口クリップを使って着脱式にすると便利かも知れません。

安全を考えて、金属部分が露出している箇所はビニールテープで覆 ったり、コルゲートチューブなどで皮膜を作るのも良いでしょう。 いずれも100円ショップで調達できます。

私の場合は、このシステムで、日差しの強い日なら1日太陽光に当 てておくだけで、空のニッケル水素電池(単四)を8割程度充電す ることができています。同じ単四の充電地を10本ほど持っています ので、リモコンやモバイル機器のどれかが電池切れになるたび、日 差しに当てて充電しています。日差しが強い日は、洗濯物を干すの と一緒にソーラーパネルも「干して」いますので、ちょっとした満 足感は得ることができます。


※ヒューズを付けてはいるものの、過充電や液漏れ、断線・ショー トのリスクは常にあります。使用に際してはよく自分でチェックし 、作業は自己責任において行って下さい。安全第一で取り組んで下 さい。

(続く)

※今回の内容でご質問などがあれば、お気軽にメール下さい。  私がお答えできる範囲で回答いたします。
メルマガ購読・解除
 


ページ名:ベランダ菜園
プチ自給自足の都会生活トップへ