都会暮らしでプチ自給自足を楽しむブログ

4回目 4月13日 ジャガイモの芽らしきものが!

桜満開の4月最初の土日を利用して、
群馬県のたくみの里というところへ泊まり掛けで行ってきました。

IMG_0149.jpgそば打ち体験とかこんにゃく作り体験などが出来る他、自給的な農家もたくさんあり、良い時間を過ごしました。そこの拠点的な場所は道の駅になっていて、農産物直売所があります。今回は帰りにいくつか苗を買ってきました。今回4回目はそこで買った苗を植えることと、畑の様子を見に行くことが目的です。苗を買ったと言っても、たったの3つです。キャベツをの苗を2つと、行者ニンニクの苗を1つ。後は、葉ネギの束を買ってきました。キャベツは40円と安かったのですが、どのくらい育つのか分からないので1畝使わずに実験程度です。行者ニンニクは高かったけれど珍しかったので買ってみました。あと葉ネギは袋いっぱいで安かったので、買って帰りました。葉ネギはすべてプランターで育てようとしたのですが、思いのほか量が多かったので半分以上は畑に持っていくことにしました。

畑の一番端の畝に、キャベツ苗2つと、行者ニンニクを植えます。今日は良く晴れていましたが、前日に激しく雨が降ったため、土はぬかるんでいます。小さなシャベルで土に穴を空けて苗ポットから移し代えます。葉ネギは、既に十分に長いので、指で深く土に穴を空けて、なるべく垂直になるように埋めました。数が多いので2列にして植えてみました。すぐ倒れてしまいそうなので、土を寄せたところを少し足で踏み固めてみます。最後に油粕を適当に蒔いて完成としました。1畝の1/3程度しか使っていません。何か葉ネギはすぐに萎れてしまいそうな感じがありますが、どうなるでしょう・・・。

 

IMG_0154.jpg1畝目と2畝目のジャガイモと小松菜の様子を見てみました。ジャガイモには、芽らしきものがありました!ほんの小さな葉っぱの塊ですが、いままで生えていた雑草の形とは違うし、ほぼ等間隔に生えているのでおそらく芽だと思います。ただ、2つほどジャガイモが掘り出されたようになっていたのと、2畝目に後から植えたジャガイモの一部が表面が表に出てしまっているのが気になりました。畑から掘り出されたようになっているのは、既に半分干からびたようになっていて、芽も出ていないし、もう植え直してもダメな感じです。おそらくですが、カラスに掘り返されたのではないかという気がします。仕方がないので、ご臨終です。表面が出てしまっているものは、おそらく覆いかぶせた土が少なすぎて風雨で土が飛ばされて露出したのではないかと思います。少し土をかぶせ直しました。

 

IMG_0150.jpg小松菜の方は、少しだけ大きくなっていて、4枚以上生えています。でも葉っぱはどれも小さい穴が空いていて、白い斑点のようなものがある葉もあります。雨の跳ね返りが葉の裏についたためか、土の何らかの原因で病気になっているかも知れないです。ちなみに家のベランダの小松菜は大丈夫そうなので、原因は雨か土かいずれかだと思います。相変わらずプランターの方が少し成長が良いように思うのは、やはり水やりが定期的だからでしょうか。


最後に雑草を取って帰ります。相変わらず雑草が一番成長が良い気がします。今回改めて思いましたが、カラスの害が大きそうなので、鳥避けのネットなりマルチなりが必須のようです。次回行く前に買って対策しようと思います。

★→有機農 関連書籍を読む






お試し 野菜セット 10種類 有機肥料、農薬・化学肥料不使用の野菜

あわや自然農園 有機無農薬野菜セット(10種類以上)送料込
あわや自然農園 有機無農薬野菜セット(10種類以上)送料込

旬のおまかせ九州野菜セット★12品以上+ときどきオマケ。 お中元 ギフト
旬のおまかせ九州野菜セット★12品以上+ときどきオマケ。 お中元 ギフト

【送料無料】高知の旬の野菜詰め合わせセット!!【13品目】
【送料無料】高知の旬の野菜詰め合わせセット!!【13品目】


●【お知らせ】映像で学ぶ!プチ自給自足の世界に入門しましょう!
プチ自給自足を考えて、情報収集している方のために、映像コンテンツを制作しています。
換金目的の農作物ではない、安心安全な自家用の食べ物を、自分自身の手でつくりたい。

そうなると、プロの農家とは違った視点が必要になります。つまり単一作物を大規模に作るのではなくて、その反対に「多品種を少量作る」というノウハウが必要になります。そしてそのノウハウは意外と出回っていません。農業人口のほとんどがプロの農家であり、自給自足している人はごく僅かしかいないのですから当然です。そして、それは「家庭菜園」を入り口にして学んでいくのが理にかなっています。

ところが、市販の野菜栽培の手引き書は、手にとれば分かりますが、実践する上では分かりにくいのが珠に傷です。例えばジャガイモを植えるにしても「タネイモを半分に切って、苦土石灰を切り口に塗り、土中15cmに埋める」と書かれています。たしかに手順は分かりますが、では「いつタネイモを半分に切るの?その場で?それとも前日?」「苦土石灰って何?何のために塗るの?どれくらい?」「土に埋めるって、向きはどっちに埋めるの?」などなど。いざ作業しようという段になって、細かい疑問点が噴出してきます。頭はハテナ(?)だらけです。これは、文字とイラスト・写真で見せる手引き書の限界ではないかと思います。いちいち書いていたらクドイですものね。そうは言っても、予備知識ゼロから始めようとする人は、必ずぶつかる最初のカベだと思います。

そこで、実際の家庭菜園1年目に行う作業を、いちいち映像でお見せしようというのがこの企画です。ご興味のある方は、予約も承りますので、どうぞメールでご連絡ください。
問い合わせ先:sissyneck2129@gmail.com

4回目 4月13日 ジャガイモの芽らしきものが!の関連ページ(04自給家庭菜園)


ページ名:4回目 4月13日 ジャガイモの芽らしきものが!
プチ自給自足の都会生活トップへ