都会暮らしでプチ自給自足を楽しむブログ

プチ自給自足とは

都会では自給自足は難しいと言われます。確かに完全自給自足は、土地の狭い都会では一般市民には不可能に近いものです。でも小さなことなら、意外と出来ることはあります。ひとつずつ、出来ることから始めてみると、そのうち自給率は上がっていくのではないでしょうか。

下記の本「家族で楽しむ自給自足」は、小さな畑を借りたり、動物を飼ったりと、都会暮らしにはやや敷居が高いものの、入門書として大変参考になります。

 

■今回の趣旨と目的

さて、今回家庭菜園を始めるに当たっては、あくまで自給のための、「実験をしたい」というのが目的ですので、次の3箇条を守りたいと思います。

 

  1. 収穫物が期待したほど無くても(仮にゼロでも)気にしない。
  2. なるべく手を掛けない、お金を掛けないで育てる。
    手をかけなかったことにより育たなかったのなら、あきらめる。
  3. 周りの畑と比較しない。

 

農「業」をしたい訳でないので・・・。仕事にして、換金目的で野菜を育てようとすると、必ず「形をそろえる」「見栄えを良くする」「虫食いをなくす」「収穫時期を揃える、管理する」などの必要性が出てきます。これを考え出すから、畑仕事は大変なんだと思います。でも、これらは私には一切関係ありません。自分が食べたいものを、食べたい量だけ収穫できるようにするのが目的ですから、見栄えも大きさも、収穫時期を揃えることも全く気にしません。仮に収穫がゼロだったとしても、何も考えずに、来年またチャレンジしてみます。

また、お金に関しても極力使わないように、道具も考えたいと思っています。なるべく手作り品か、自然の中に落ちているもの。道具を買う場合は、一生モノとして使います。毎年必要な農具を「仕入れ」する訳ではありません。ここが「農業」と「自給農」の違うところだと思います。

その他にも、周りの畑がどうしても気になるという感覚はもちろん出ます。参考にしたかったり、始めての経験なので、周りを見ながらという風になりがちですが、基本的に気にしません。そもそも家庭菜園をする場合の、目的や考え方はそれぞれです。時間ができたからガーデニング感覚でやろいう、という人もいるでしょうし、たくさん収穫して周りに配りたい、もしくは販売したいという人もいるかも知れません。「農作業をやっている感」を楽しみたいという人も多いと思います。その考え方は否定しませんし、「あり」だと思います。ただ、今回の私達の目的とは違います。

目的は、あくまで「育て方を、体験を通して知る」ということ。農「業」を始めるつもりもなければ、趣味にしたいとも思っていないので、お金と時間をいかに掛けずに収穫を上げられるか、ということを知りたいと思います。思った収穫を上げられなかったら、天候や土などの環境の問題か、作業の間違いが原因でしょう。その場合は、多少手を掛けるようにやり方を変えるか、何も変えずに来年またチャレンジします。

★→有機農 関連書籍を読む






お試し 野菜セット 10種類 有機肥料、農薬・化学肥料不使用の野菜

あわや自然農園 有機無農薬野菜セット(10種類以上)送料込
あわや自然農園 有機無農薬野菜セット(10種類以上)送料込

旬のおまかせ九州野菜セット★12品以上+ときどきオマケ。 お中元 ギフト
旬のおまかせ九州野菜セット★12品以上+ときどきオマケ。 お中元 ギフト

【送料無料】高知の旬の野菜詰め合わせセット!!【13品目】
【送料無料】高知の旬の野菜詰め合わせセット!!【13品目】


●【お知らせ】映像で学ぶ!プチ自給自足の世界に入門しましょう!
プチ自給自足を考えて、情報収集している方のために、映像コンテンツを制作しています。
換金目的の農作物ではない、安心安全な自家用の食べ物を、自分自身の手でつくりたい。

そうなると、プロの農家とは違った視点が必要になります。つまり単一作物を大規模に作るのではなくて、その反対に「多品種を少量作る」というノウハウが必要になります。そしてそのノウハウは意外と出回っていません。農業人口のほとんどがプロの農家であり、自給自足している人はごく僅かしかいないのですから当然です。そして、それは「家庭菜園」を入り口にして学んでいくのが理にかなっています。

ところが、市販の野菜栽培の手引き書は、手にとれば分かりますが、実践する上では分かりにくいのが珠に傷です。例えばジャガイモを植えるにしても「タネイモを半分に切って、苦土石灰を切り口に塗り、土中15cmに埋める」と書かれています。たしかに手順は分かりますが、では「いつタネイモを半分に切るの?その場で?それとも前日?」「苦土石灰って何?何のために塗るの?どれくらい?」「土に埋めるって、向きはどっちに埋めるの?」などなど。いざ作業しようという段になって、細かい疑問点が噴出してきます。頭はハテナ(?)だらけです。これは、文字とイラスト・写真で見せる手引き書の限界ではないかと思います。いちいち書いていたらクドイですものね。そうは言っても、予備知識ゼロから始めようとする人は、必ずぶつかる最初のカベだと思います。

そこで、実際の家庭菜園1年目に行う作業を、いちいち映像でお見せしようというのがこの企画です。ご興味のある方は、予約も承りますので、どうぞメールでご連絡ください。
問い合わせ先:sissyneck2129@gmail.com

プチ自給自足とはの関連ページ(11参考書籍)


ページ名:プチ自給自足とは
プチ自給自足の都会生活トップへ